何か行動したいと思ったら最初にやるべきことは、意識すること+発信すること。意識して発信することで情報が入ってくる。集まってくる。

意識するとカラーバス効果が生まれる

 

夢や目標ができて何か行動したい。

 

学校の先生になりたいということから、イタリアに旅行に行ってみたいということまで、

あらゆる◯ ◯したい、◯ ◯になりたい、という何かしら行動したいと思った時、意識を始めた時に、心理学の「カラーバス効果」が生まれます。

 

「カラーバス効果」とは何か?

 

「カラーバス」は「色を浴びる」という意味だそうですが、意識しているものやことに関連した情報が無意識に集まってくる効果のことを言います。

 

例えば、簡単な例でいくと、

朝のテレビ番組で「あなたのラッキカラーは赤!」というフレーズが気になり心に残っていると、その日は街を歩いているとやたら赤色が見つかる。気になるという現象。

赤い服を着ている人や、赤いペンキが塗られた外観のレストラン、毎日歩いている道で普段は気にならないようなことが、「赤」を意識していることで、無意識に目や耳に情報が飛び込んできます。

 

または、「イタリア旅行に行ってみたい!」と考えた日から、本屋さんに行ったら自然とイタリア関連の本が目につくようになりますし、テレビ欄を見ていてもイタリア特集という文字があれば真っ先に気がつくようになる。

 

といったように、

意識するだけで、無意識に情報が集まってきます。

 

だから、何か行動したいと思ったら、まずは意識すること。強く思うこと。願うこと。が重要になります。

 

よく、成功するためには、夢や目標を叶えるには、紙に書く。紙に書いた夢や目標を部屋に貼って毎朝見るとよい。

と成功者のアドバイスや著書で言われていますが、理屈は同じことで、強く意識することで、その夢や目標を実現するために必要な情報が無意識に集まるように仕向けていることになります。

 

発信すること。発信することで情報が入ってくる。集まってくる。

 

夢や目標、やりたいことに向けて、意識を始めたら、次にすることは、

 

発信すること。

 

発信することで、集まってくる情報や人が飛躍的に多くなります。

 

さきほどのイタリア旅行で例えると、初めて行くイタリアのミラノで美味しいパスタ屋さん、ピザ屋さんに行きたいと思っていたら、

 

会社や学校で、同僚や友達に話してみる。FacebookなどSNSで情報発信してみる。「今度イタリア旅行に行く予定なんですが、ミラノで美味しいパスタ、ピザが食べれるお店をご存知ないですか?」と問いかけたら、もしかしたら、イタリア、ミラノに何度も行ったことがある人がいて、オススメのお店の情報を教えてくれるかもしれません。

 

直接教えてくれる人がいなかったとしても、「友達に詳しい人がいるから聞いてみてあげるね!」といった、知り合いの知り合いにまで頼ることができるかもしれません。

 

これはどんな夢や目標でも同じで、

「横浜でカフェを開業したい!」

「畑をやってみたい!」

「世界一周をしたい!」

「田舎暮らしがしたい!」

 

どんなことでも、自分が考えている夢や目標、やりたいこと、行動したいことを、

発信することで情報を提供してくれたり、協力してくれたり、サポートしてくれる人が現れたり、実現に必要な情報が集まってきます。

 

いきなり多数の人に伝わるSNSで発信するのは恥ずかしい、反応が心配、という方であれば、無理せず、仲良い友達や知り合いに話してみることだけでも、自分の内にだけ秘めているのとは、だいぶ違います。

 

私も今までに、

「飲食店を開業したい」

「畑をやってみたい」

「海の家とかやってみたい」

など、自分がやってみたいと思ったこと、目標を周囲の友達に話していたら、店舗開業に必要な人を紹介してくれたり、情報を教えてくれたり、と今考えると、発信することで、実現に向けて必要なことが集まってきた経験をしています。

 

最近だったら、クラウドファンディングなんてITを活用した典型的な好例ですよね。

社会的に良い影響がある、みんなが良いと思ってくれるサービス、やりたいことがあれば、クラウドファンディングのwebサイトに掲載して情報発信することで、不特定多数の人が共感してくれれば、実現に向けた資金が集まる仕組み。

 

このクラウドファンディングの仕組みは、「発信すること」「発信者と協力者をつなげる」をITを使ってうまくスムーズに実現したもの。

でも、クラウドファンディングもやはり、発信することがないと、何も始まりません。

 

何かやりたいことがある、夢や目標ができた、という方は、ぜひ自分の想いを強く意識して、発信することをやってみてください。

スポンサーリンク