商売は実験の繰り返し

「商売は実験の繰り返し」

 

「今度の新商品はお客様に受け入れてもらえるのか?」

 

「このサービスの一部を変更したらもっと喜ばれるのではないか?」

 

「違う味もメニューに追加したら売上が上がるかもしれない?」

 

等々、商売は基本的には実験の繰り返しです。

 

もっと良くなるにはどうすればいいのか?、もっと喜ばれるにはどうすればいいのか?

を常に考え、創意工夫をして、改善点を探して、

考えていることを実行に移したら、

その実行がお客様に受け入れられたのか、以前と比べてどう変わったのか、評価をして、

そこからの気づきをまた、次の実行、行動へ反映していく。

 

当たり前のことですが、

「実験」であることを頭にイメージしておくのと、イメージしないとでは、最初の一歩に差が出ます。

 

成功するか、失敗するか、やってみないとわからない

 

商売でも理科の実験でも同じです。

 

実験だからこそ、失敗を恐れず、やってみる。やってみて、結果を評価して次の実験に活かす。

 

商売も同じで、失敗を恐れず、やってみて、結果を評価して次の行動に活かす。

 

一番恐いのは、失敗を恐れて実験をせず、

 

現状維持=過去やってきたことを繰り返して、何も変わらないこと。

 

成長や改善、変化がなければ、お客様に飽きられる可能性も高いですし、

提供側の自分、会社、スタッフも同じことを永遠と繰り返すことは、大抵の人は面白く感じません。

 

常に成長、発展していくために、日々実験を繰り返していきましょう。

スポンサーリンク