大富豪から学んだお金を増やすために最初にやるべきこととは?

こんにちは、小松由和(@komaty)です。

 

今回はお金についての内容です。

日本ではお金について語ることについてはあまり良い印象を持たれません。

 

他人に収入や金融資産を聞くのは遠慮してしまいますし、家族や友達と話す内容でも、何にいくら投資しているといった話をする人は滅多にいないと思います。

学校ではお金についての勉強はありませんし、家庭でもお金について教えてくれる両親がいる人は少ないほうでしょう。

「とりあえず貯金しなさい」くらいでしょうか。笑

 

しかし、誰でも実感していることではあると思いますが、資本主義の現代社会ではお金なくして生きていくことは難しいのが現状です。

何かやりたいことがあったり、どこか行きたいところがあったり、何か欲しいものがあったり、自分の望みや欲求を手に入れるためには、たいていお金が必要になります。

お金がない人よりも、お金を持っている人の方が人生の選択肢が多いのです。

 

だったら、お金について考えることを放棄するのはやめにして、

自分のやりたいこと、したいことができるように、必要なお金は手に入れて、人生を豊かにするべきです。

 

では、お金を手に入れる方法ってどうすればいいのか?

 

お金を貯める、お金を増やす、ために、

まず最初にやるべきで、とても重要なことを今回紹介したいと思います。

大富豪から学んだお金を増やすために最初にやるべきこととは?

お金の原則は普遍的で昔から変わらない

本屋に行けば、節約テクニック、株式投資、などお金についての本はたくさんあります。それらの本には、具体的にお金を増やしたり、減らさないようなテクニックや手法が紹介されていますが、一番重要な基本的なポイントは紹介されていない本がほとんどです。

 

基礎を知らずに、小手先のテクニックだけ知っていてもお金を増やすことは難しい。

まずは、基礎を学び理解して、その上で必要に応じて具体的なテクニックや手法を勉強する順番が望ましい。

「お金の原則」は普遍的であり、いつの時代、どこの国でも変わらない、とされています。

 

お金を増やすためにまずやるべきこと①「収入の10%は絶対使わないこと」

お金を増やすためにまずやるべきこと。

「収入の10%は絶対使わないこと」

 

月収20万円の人なら、10%の2万円は使わないこと。

月収30万円の人なら、10%の3万円は使わないこと。

どんなに少ない収入だとしても、10%は使わないようにして、どんなに多い収入だとしても、10%は使わないようにすること。

年収1000万円以上の高給な人でも金融資産がほとんどない人もたくさんいます。そういう人は、高い家賃の家に住み、しょっちゅう高い食事代のレストランに行ったり、旅行に行ったり、収入を100%使ってしまうのです。

 

これを単純なことだとバカにしてはいけません。

お金に関する名著と呼ばれる本でも、だいたい同じようなことが書かれています。

それくらい本質的で、それくらいお金が貯まらない人やお金が増えない人は実践していないこと。

 

よくありがちな失敗例は、「1ヶ月経って残ったお金を貯金しよう」というパターン。

人は往々にして、お金がすぐに使える状態にあれば使ってしまうので、まずは、すぐに使えないように収入の10%を別にしておくこと。

 

お金を増やすための投資には、タネ銭と言われる元手になるお金が必要になります。

このタネ銭が多ければ多いほど、お金が増えるスピードは早くなるので、

もっと早くお金を増やしたい人は、生活に無理な負担がかからない程度で、10%→20%に使わないお金を増やすことも有効です。

普段使っている銀行口座とは別の口座を用意して、毎月お金を移し替えるのもよし、サラリーマンの人であれば給料口座から口座振替を設定しておいて、自動で収入の10%が貯まるようにするのもよし。

 

お金を増やすためにまずやるべきこと②「収入の90%で生活すること」

①で収入の10%を使わないようにとっておくことを学びました。

同時にしてほしい重要なことがもう1つ。

それは、「収入の90%で生活すること」

 

つまり、収入の10%は使わずにとっておき、残りの90%で生活をすること。

 

これも「そんなのあたりまえじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、世の中には収入以上のお金を使ってしまう人はたくさん存在します。

借金、クレジットカードのリボ払い、ローン払い、等々。

 

自分の収入以上のお金を使ってしまう人は一生お金が貯まりません。

 

他にも、収入が上がるのに応じて、必要以上に生活レベルを上げてしまう人がいますが、それも要注意。

「必要以上に」というポイントが重要で、そんなに広い家が本当に必要?、その高い買い物本当に必要?、など、

お金の使い方も、お金を増やすことと同じくらい重要で、常に気をつける必要のあることです。

 

お金を増やすための5つのステップ

お金を増やすために、まずやるべきこととして、

①「収入の10%は使わない」

②「収入の90%で生活すること」

を紹介しました。

 

しかし、これだけでは、お金が減ることはありませんが、増えるには時間がかかり、なかなか増えません。(でも、非常に重要な原則です。どんなに収入がたくさんあってもこの原則が守れなければお金を増やすことはできません。)

 

次に必要なステップとして、以下の5つのステップがあります。

③「お金について学ぶ」

④「投資運用で収入を増やす」

⑤「お金を維持管理する」

順に紹介していきます。

 

お金を増やすために③「お金について学ぶ」

お金について、お金の貯め方、増やし方、使い方、守り方、など、お金を増やすためにはお金についての理解や知恵を増やすのは必要不可欠です。

「お金について学ぶ」

ことは、一番最初に学ぶべきではありますが、①②のステップは誰でもすぐに実践できる内容なので先に紹介しました。

 

お金について学ぶには、いろいろな方法がありますが、おおまかには3つに分かれると思います。

1点、共通して重要なことは、実際にお金持ちの人、お金を増やした実績が豊富な人、など、実績がある有能な人から学ぶこと。

例えば、お金についての知識がとても豊富なファイナンシャルプランナーでも、自らの金融資産が全然ない人であったら、アドバイスや助言は参考程度にしか聞くことができません。

親がお金持ちで、その子供もお金持ちというパターンも要注意。家がお金持ちだからといって、その人本人もお金を増やす才能や知恵があるとは限りません。

 

1:本から学ぶ

一番手っ取り早い方法です。1冊1500円、中古本であれば数百円でお金について学ぶことができます。

多くのお金持ち、お金を増やすことが得意な人たちが、本にノウハウや原理原則を書いています。

もちろん中身のない本もたくさんあるので、良い本を見分ける必要があり、1冊あたりのお金は安いものの、良い本を見つけるための時間や本を読む時間が必要になります。

今後、本ブログでもお金に関してオススメ本のまとめは紹介していきたいと思っています。

 

2:誰かに教えてもらう

親戚や友達、知り合いなどにお金に詳しい人がいれば、その人から学ぶのが一番よさそうですが、そんな人が身近にいることは少ないですよね。

本から学ぶ以外には、お金の学校、セミナーに行って勉強する方法もあります。

例えば、私が以前記事で紹介したお金の学校ファイナンシャルアカデミーなど。

【感想&口コミ】ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」(無料講座)に体験参加。お金について学ぶ良い講座でした。

本に比べると高い受講料が必要になりますが、本はあたりはずれが多いのと、一番大切な自分の時間をたくさん使ってしまうことを考えると、あながち、お金の学校やセミナーなどで、学ぶほうが費用対効果は高い可能性もあります。

 

3:実践して学ぶ

1、2をすっ飛ばして、実践を繰り返してお金持ちになった人もたくさんいます。

逆に、どれだけ机上でお金についての知識を増やしたとしても、実際に行動して実践しなければ意味がありません。

投資信託について勉強したのであれば、ネット証券で口座を開設して、少額からでもよいので実践してみること。

実践と勉強を並行して進めることがお金について学ぶ近道であることは間違いありません。

 

お金を増やすために ④「投資運用で収入を増やす」

①②で投資に必要な元手になるお金を貯めて、

③で投資に必要なお金に関する知識を学び、

次にすることは、「投資運用で収入を増やす」こと。

 

お金はただ持っているだけでは何も生み出しません。

毎月の仕事の収入から一部のお金を使わずに貯めることは手始めにすぎません。

私たちの豊かな財産を作ってくれるのは、貯めておいたお金がさらに稼いでくるお金であり、貯金額を増やすことだけでなく、自分に入ってくるお金の流れを太くすることが重要です。

その自分に入ってくるお金の流れを太くするために必要なことが「投資」です。

 

ここで言う「投資運用」とは、お金に働いてもらう株式投資などの資産運用だけではなく、自己投資や事業投資も含みます。

本代やセミナー代にお金を使って自己投資をして、仕事に活かして収入が増えることも投資となりますし、新規で商売をするためにお金を事業に投資することも投資と言えます。

株式投資、投資信託、不動産投資などの投資のみに力を入れるのもありですし、ひたすら自己投資をして自らの市場価値=収入を増やすことに力を入れるのもありでしょう。

 

私の場合は、自己投資、事業投資、資産運用、バランスよく投資運用しています。

・自己投資
例えば、本を買うのは躊躇しません。読書から学ぶことにお金を使っています。旅に出て新しいことを体験したり、人と会ったり。

・事業投資
私は自営業のため、既存事業の価値を高めたいときは追加投資すること(お金を使うこと)もありますし、新しく興味があったり、やりたいことがあれば、初期投資をして新規事業をすることもあります。

・資産運用
主に、株式投資、投資信託、で資産運用をしています。

投資信託は以前記事で国際分散投資のウェルスナビで1年間で100万円→115万円に増やした実績を紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。
【運用成績】2016年7月から100万円投資中のウェルスナビ(WealthNavi)運用実績と口コミを紹介します

 

お金を増やすために ⑤「お金を維持管理する」

お金持ちはたいてい、こう語ります。

「お金を増やすことよりも、お金を守ることの方が難しい」

 

宝くじで億万長者になった人が、すぐに一文無しになってしまうことが多い話は有名ですよね。

つまり、正しくお金を使うこと、お金を維持管理することは思いの外難しいということ。

①〜④の原則は忠実に守りつつ、増やしたお金を維持管理することもおろそかにはしてはいけません。

最後は「お金を維持管理する」こと。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

要はお金も使い方次第です。

包丁は上手に使えば美味しい料理が作れますが、間違った使い方をすれば凶器になってしまいます。

お金も同様で、上手に使えば人生の選択肢が増えて人生を豊かにしてくれますが、使い方を間違えれば、人生を台無しにしかねません。

 

今回はお金に関する原則を紹介しました。

私もお金については日々勉強中ですので、これからも有益な情報を学んだ際には紹介していきたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

参考文献

今回の内容のインスピレーションを受けた本はこちら。

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか』ジョージ・S・クレイソン(著)

栄華を極めた古代のバビロンの大富豪からお金に関する知恵を学べる内容。

現代の著者が古代バビロンの遺跡から発掘されたお金に関する記述が現代でも通用する原則が満載という事実に驚き、本でバビロンの大富豪が実践していたお金について原則を紹介しています。

どの会社の株を買ったほうがいいとか小手先の投資テクニックを紹介する内容ではもちろんなく、いわゆる、原理原則を学ぶ名著の部類です。

 

以上、「大富豪から学んだお金を増やすために最初にやるべきこととは?」でした!

それではまた!

スポンサーリンク