お金の奴隷にならない人生

生活コストをあげていくとお金の奴隷になってしまう

 

最近、ネット記事で、「年収1000万でも貯金0円」という記事、似たようなニュアンスの内容の記事をよく見かけます。

 

年収600万円だから、そこそこ良いマンションに住んで、それなりの身のこなしをしないと、

 

年収1000万円だから、毎日高い外食をして、ブランド品、高級車に乗らないと、

 

収入、所得、に応じた暮らし、身のこなし、人付き合い、を追い求めている人が多すぎるように思えます。

 

果たして、

 

あなたの今払っている

・家賃、ローン

・外食費、交際費

・身のこなしに使ているお金

など挙げたらきりがないですが、

 

果たして、あなたの人生において、本当に必要なものにお金を使っているのでしょうか?

 

 

わかりやすいところでいくと、

代表的な固定費である家賃。

 

一般的に「家賃は毎月の収入、お給料の30%以内に抑えなさい」という指針を見かけます。

 

手取りで20万円の収入なら、約7万円。

手取りで30万円の収入なら、約9万円。

手取りで40万円の収入なら、約12万円。

 

まぁ妥当な数字に思えます。

かくいう私も、大学卒業後のサラリーマン時代、

新入社員で手取りが約25万円ほどで、7万円のマンションに住んでいました。

収入の約30%の家賃ですね。

 

家賃を払って、食費を払って、職場や友達と飲みに遊んだりお金を使って、多少趣味や服などにお金を使って、貯金できるお金はわずか。。

 

当たり前といえば当たり前のお金の使い方をしていました。

 

一般的なサラリーマンで、朝と夜以外、外出している環境なら、家賃に収入の30%を充てる意味をよくよく考えてみるべきです。

 

朝と夜しか家にいなくて、仕事が忙しければほぼ寝るだけの生活なのに、収入の30%を家賃に充てる。

 

おかしくないか?住むために働いてる?と思ってしまうほどの状況。

 

 

冒頭に書いた通り、家賃や食費などの生活コストが高いと、

生活していくために最低限稼がないといけないお金が高くなってしまいます。

 

生活するために働く。

 

当たり前だけど、

 

やりたいことのために働く、夢や目標を実現するために働く、

 

方がいいですよね。

 

 

現代は、家賃にフォーカスしてみても、

シェアハウス、家賃の安い田舎でPCを使って仕事をして稼ぐ、など、

多くの選択肢があります。

 

あなたは何のためにお金を稼いでいますか?

 

もし、生活するため、毎日生きるため、という理由なら、

 

いまの生活、仕事を考え直す機会かもしれません。

 

お金の奴隷にならない自由な生き方、生活、仕事にシフトしましょう。

スポンサーリンク