生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【縛りなしWiFiレビュー】契約期間なし&通信量無制限のレンタルポケットWiFi【月額3,300円で使い勝手よすぎ】

「縛りなしWiFiって実際、どうなの?通信速度は速いの?遅いの?」

「縛りなしWiFiは注文してからすぐに届くのかな?」

 

今回は、こんな疑問について、縛りなしWiFiを実際に契約して使ってみた結果をレビューとしてまとめます。

 

・注文してから何日で届いて使い始められるか?

・最初の初期費用負担額はいくらだったか?

・実際の通信速度はどうだったか?

・解約のときはスムーズなのか?

これらのポイントをまとめました。

 

まだ、縛りなしWiFiを利用したことがない、これから使ってみようか悩んでいる人には、すぐに読める内容ですので、見ておいて損が無い内容です。

 

最初に結論だけ言っておくと、

・私の使用した神奈川県都市部、沿岸部では縛りなしWiFiの通信速度はまったく問題なかったです

・通信速度は、エリアや環境で変わってくるので、実際に使ってみないとわかりません(ネットの評判を鵜呑みにしてはいけない)

・もし使ってみて不自由さを感じるなら、1カ月で解約したらよい(契約期間なしで解約金もかかりません)

となります。

『縛りなしWiFi』公式サイトはこちらから >> https://shibarinashi-wifi.jp/

【縛りなしWiFiレビュー】申し込み・外観と付属品の説明

縛りなしWiFiを申し込むと、自宅へレターパックで送られてきます。

送られてくる内容は、

・案内状

・簡易説明書

・モバイルルーター

・電源ケーブル

となります。

 

以下が、送られてきた商品です。

使用方法は簡単。

モバイルルーター本体の電源を入れるだけ。スマホやPCで一度WiFiにパスワードを入れてアクセスしてしまえば、そのあとは自動接続されます。

ご存知かもしれませんが、縛りなしWiFiのモバイルルーターは「レンタル」です。

そのため、モバイルルーターと電源コードは使用中に壊さないよう扱う必要があります。

私は写真にあるプチプチ包装にルーター本体を入れたまま、カバンの中に入れて使っていました。カバンの中で他のものとぶつかって破損したら嫌だなと思い。

縛りなしWiFiって実際どうだった?Q&A形式でまとめます

実際に縛りなしWiFiを契約して、自宅へ届いてから使ってみた実績を記していきます。

使う前に気になっていた点をまとめましたので、Q&Aの形で次から説明していきます。

Q.縛りなしWiFiを申込みをしてからどれくらいで届いた?

縛りなしWiFi公式サイト上で申込みをしてから、神奈川県の自宅に2日後には届きました。

公式サイト上に、

「最短翌々日にはお手元に到着。お急ぎの方にもおすすめです。お届け先地域により発送遅れる場合がございます。」

と記載されている通りでした。

また、ポストに投函できるレターパック配送のため、不在時でもポスト投函してくれる点も地味に嬉しいポイント。帰りが遅くなったり、家にいる時間が少ない方でも、自宅のポストに入れてくれていますので、すぐに使うことができます。

Q.縛りなしWiFiの最初の初期費用負担額はどれくらい?公式サイト記載のとおり?

縛りなしWiFiの料金プラン、オプションは次の表の通りになります。

料金プラン 縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
月額料金 ¥3,300 ¥2,800
安心サポートプラン ¥500 ¥500
初期費用 ¥1,000 ※事務手数料 ¥1,000 ※事務手数料
縛り期間 なし 3年
契約解除料 なし ¥15,000

※上記価格は全て税抜き

 

私が今回契約したのは、契約期間がなくいつでも解約できる「縛りなしプラン」月額3,300円のプランです。

初期費用に事務手数料として、¥1,000かかります。

また、月途中で利用を開始した場合、開始日から日割り計算で請求されます。

 

私の場合は、

・利用開始日:2019-06-15

・料金プラン:縛りなしプラン(月額3,300円+税)

・安心サポートプラン:あり(月額500円+税)

・事務手数料:無料(時期によって変動しています。2019年11月時点では¥1,000かかります)

で契約しました。

 

そのため、初月(6月)の請求金額は日割り計算だったので、

・初月(6月)の請求金額:¥2,441(日割り計算+500円+税)

となりました。

 

翌月の7月からの請求金額は、¥4,104(3,300円+500円+消費税8%)でした。

消費税10%計算だと、¥4,180です。

 

初期費用については、数ヶ月前までは無料だったのですが、ここ最近までは¥1,980に上がっていました。2019年11月時点の料金案内では、上記表のように¥1,000となっています。

初期費用は、少し変動しておりますので、最新の料金表を公式ホームページからチェックしてみてください。

Q.縛りなしWiFiの通信速度は実際どうだった?

私は主に外出先のPCやスマホ利用として使いました。

屋内や屋外、地下など場所によって、めちゃめちゃ速い時もあれば、ちょっとつながりにくいな、と感じるときもありましたが、総じてストレスない通信速度で利用ができました。

Twitterなどネット上の口コミを検索してみると、縛りなしWiFiの通信速度が遅いという評判もあるので、当然場所、環境など使う条件によって通信速度は変わってきます。

一番確実なのは、縛りなしWiFiは契約期間なしで契約できるので、まずは1〜2ヶ月使ってみて自分が使うエリアや環境で安定した通信速度が出るかどうか確かめるのが確実です。

結局、ネット上の口コミや評判を当てにしていたら、どのモバイルルーターも100%どこでも通信速度が速いなんて製品はないので、いつまでたっても決めれなくなってしまいます。

 

あらかじめインターネット上でWiFiの使用エリア確認ができるので、契約前の事前チェックは必須です。

・WiMAX

https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

・SoftBank

https://www.softbank.jp/mobile/network/area/

Q.縛りなしWiFiの解約はスムーズにできるのか?

解約したい場合は、

・公式サイト上のお問い合わせフォームから申し込む

・モバイルルーター、電源コードを返送する

この2つの手順だけで解約が完了です。

 

ただし、注意点として3つあります。

・解約の申込をした翌月末が解約日

・解約の申込後は、モバイルルーター、電源コードを契約終了日から5日以内に返送

・契約期間が3年契約の縛っちゃうプラン(月額2,800円)の場合は、更新月以外は契約解除料¥15,000が請求される

契約期間の縛りがない、縛りなしプラン(月額3,300円)の場合は契約解除料0円で契約解除できます。

縛りなしWiFiのここが良かった!3つのメリット

縛りなしWiFiで使ってみた感想、使う前に気になっていたことを説明してきました。

その中で、特に良かったメリットを3つ紹介していきます。

利用しようか悩んでる人で、これから紹介する点を重視しているなら、使ってみても良いかもしれません。

メリット1 縛りなしWiFiは月額3,300円で安くてコスパ良し

通信量無制限のポケットWiFiレンタルサービスの中で、縛りなしWiFiの月額3,300円は最安値圏です。

同様の通信量無制限のポケットWiFiの月額料金を例に挙げると、

・SPACE WiFi 月額料金¥3,680

・STAR WiFi 月額料金¥3,680

・KING WiFi 月額料金¥3,600

となっているので、縛りなしプラン¥3,300でも、1番安いです。

月額¥300〜380、年額¥3,600〜4,560も違ってくるので、コスパは良いです。

メリット2 縛りなしWiFiは申し込んでから2日ですぐ使い始めることができた

公式サイト上で申込みをしてから、2日で届き、レターパック配送のため不在でもポスト投函してくれます。

すぐにポケットWiFiを利用したい人にはおすすめです。

メリット3 ダメなら解約して返却するだけ。解約金なしだから気軽に使える

これは縛りなしプラン(月額3,300円)の話ですが、契約解除料がなく、いつでも解約できるので、いざ使ってみて通信速度がイマイチなときは、我慢せず解約することができます。

2年契約など契約期間が決まっているポケットWiFiの場合、2年以内の契約解除料金が1〜2万円と高額で、契約してみて通信速度が使い物にならなかったらどうしようと不安で契約できないというケースがポケットWiFiではよくある問題です。

最近では縛りなしWiFi以外にも、契約期間なしでいつでも解約できる、または、1,000円くらいで1週間程度お試しレンタルができる、といった利用者の不安を軽減させるサービスを提供するポケットWiFiが多くなってきている印象です。

この点はいまいちだった・・・縛りなしWiFiのデメリット

いざ、使ってみると不便、いまいちだった、縛りなしWiFiのデメリットも説明していきます。

デメリット1 縛りなしWiFiはレンタルするモバイルルーターの機種が選べない

縛りなしWiFiの取り扱い端末は4種類ありますが、どれがいいかは選ぶことができません。

端末と端末ごとの回線については、次の表の通りです。

端末 回線
603HW SoftBank
W04 WiMAX
WX05 WiMAX
502HW SoftBank

機種によって、最大の通信速度が変わってきます。月額料金変わらないなら通信速度が速い機種をレンタルしたいと思うのが当然ですが、残念ながらレンタル機種を選ぶことはできません。

ただし、希望のリクエストは契約時にできます。

例えば、住んでいるところによっては、建物の中、地下などでSoftbankの回線が繋がりにくい、といった場合は、レンタル機種の希望を連絡することができます。(しかし必ず希望に応えてくれるわけではないので注意が必要です)

デメリット2 縛りなしWiFiは1日2GB以上使うと通信制限がかかる

月額料金が安くコスパが良い反面、「1日2GB以上使うと速度制限がかかる」デメリットがあります。

他のポケットWiFiだと、通信量無制限&速度制限なしもありますが、縛りなしWiFiは通信量無制限&速度制限あり(1日2GB以上は速度制限)となっています。

私は、外出先のPCやスマホでネット検索したり、メールやSNSを利用する程度の使い方なので、1日2GBも使わず快適に利用ができました。

例えば、youtubeなどの動画をたくさん観たいという人は、速度制限がない他のポケットWiFiを選んだ方がよいでしょう。

デメリット3 水没などで故障した際のリスクが大きい

水没などこちらの不注意で故障させてしまうと、端末1台につき、¥39,800の端末代金が請求されます。

ただし、オプションの安心サポートプラン(月額500円)に加入しておくと、端末を故障させてしまった場合に補償金が¥39,800ではなく、¥10,000まで軽減することができます。

正直なところ、有料の安心サポートプランに入るんだから、¥10,000もなしにしてくれよというかんじですが。

家や職場からポケットWiFiを動かさない、移動させないといった場合以外は(特にカバンで持ち運びする場合は)安全を考慮して、月額500円の安心サポートプランに入っておいた方が無難です。

おわりに

最初にもお伝えしましたように、一番気になる通信速度は場所、環境で変わってきます。

・使ってみて通信速度が速くてサクサク動くならOK

・使ってみて不自由さを感じるなら、1カ月で解約しましょう。(解約金もかからない)

くらいの気持ちで申し込んでも良いかと思います。早期解約でも解約金がかからないので。

問題なければそのまま使えるし、ダメならすぐに解約を申し込めば、1〜2か月分の料金+返却にかかる送料程度にしかなりません。

『縛りなしWiFi』公式サイトはこちらから >> https://shibarinashi-wifi.jp/

 

縛りなしWiFiを他のWiFiと利用料金比較した記事もぜひご覧ください。短期と中長期の2つ記事があります。

【ポケットWiFi・中長期レンタル】1ヶ月~3年利用料金比較!通信量無制限おすすめ8選!

【ポケットWiFi・短期レンタル】1日~3ヶ月利用料金比較 !通信量無制限おすすめ6選!

 

縛りなしWiFiの唯一といってもよいデメリットが1日2GB以上使うと速度制限があること。速度制限がなくて月額料金が安いポケットWiFiを紹介している記事もあります。

【最安ポケットWiFi・契約期間なし解約金なし+通信量無制限のおすすめ5選】縛りなし違約金なし、使い放題、速度制限なしのモバイルルーターとレンタルWiMAXを比較

 

縛りなしWiFiについて、ネット上の評判や口コミを調査した解説記事もあります。

【縛りなしWiFi徹底解説】気になる評判、通信速度、デメリットを紹介!【通信量無制限のおすすめポケットWiFi・モバイルルーター】

 

以上「【縛りなしWiFiレビュー】契約期間なし&通信量無制限のレンタルポケットWiFi【月額3,300円で使い勝手よすぎ】」でした。それではまた。