イーロンマスクがTEDで語った宇宙事業、電気自動車、太陽光発電、革新的なアイデアを次々と生み出す秘訣とは

こんにちは、小松由和(@komaty)です。

 

今日は、TEDのイーロンマスク氏のインタビューが、ビジネスや商売に応用可能な非常に勉強になる考え方を語っていたので、ご紹介したいと思います。

 

TEDとは、世界中で開催されている様々な分野の人物がプレゼンテーション、講演会を行なうイベントです。

2006年からインターネット上で無料で動画配信されています。

基本は英語ですが、日本語字幕がある動画も多数あります。

TED公式サイト: https://www.ted.com/

 

今回のTED動画は、TED運営者のクリス・アンダーソン氏とイーロン・マスク氏の2013年のインタビューです。

イーロンマスク氏は、

・TIME紙の2013年版「世界でもっとも影響力のある100人」で表紙を飾る

・オンライン決裁システムのPayPal 元創業者(事業は売却)

・電気自動車事業のテスラ・モーターズ CEO

・宇宙事業のスペースX CEO

・太陽光発電事業のソーラーシティ 会長

と、現在世界の注目を集める起業家です。

 

常識に捉われない彼の発想、アイデアはどのように生み出されているのか?

 

TEDで語った、

革新的なアイデアを生み出す考え方、思考方法について、

ご紹介します。

 

今回の記事では、イーロンマスクの考え方にフォーカスして紹介しますが、TED動画では、イーロンマスクの手がける各事業の説明もあって、革新的な事業の説明は聞いていてとても面白いので、あわせてお楽しみ頂けるとよいかと思います。

イーロンマスクの革新的なアイデアを生み出す秘訣

TEDでのインタビュー内容(一部抜粋)

考えるための素晴らしい フレームワークがあります。

物理学です。

 

原理と推論

つまり、物事を本質的な 真理まで煮詰め そこから 推論するということです。

我々は生きていく上で アナロジーによる 推論をしています。

これは本質的には 人のしていることを真似て 少しだけ変えるということです。

それは必要なことです。

そうしなければ 日常生活も 精神的に困難になります。

 

しかし、何か新しいことを しようという時は、物理学のアプローチを 使う必要があります 。

物理というのは 量子力学のような 直感に反する 新しいものを 見つける方法なんです。

だから そのようにするのが 重要だと思っています。

そしてまたネガティブなフィードバックに 注意を払うことも重要です。

特に友人に意見を 求めることが大切です。

シンプルなアドバイスに 聞こえるかもしれませんが ほとんど誰も やっていないことで すごく力になるんです。

引用:https://www.ted.com/talks/elon_musk_the_mind_behind_tesla_spacex_solarcity?language=jaより

答えは「物理学」にありました

何か新しいことをするときには、物理学のアプローチを使う必要があります。

 

はて?

物理学のアプローチってなに?

どういうこと?

と思った文系の方も少ないはず。

 

別のインタビューでイーロンマスクがわかりやすい事例で説明していました。

バッテリーに関して言えば、これまで1kWhごとに600ドルがかかっていたのだから、今後これが安くなるわけないだろうと皆が言います。でもここで、それは違うだろ、と声を大にして言うのです。バッテリーは何で出来ていますか? 基本的原理を考えるとはつまり、バッテリーを構成する成分から発想するということです。バッテリーの構成物といえばコバルト、カーボン、ニッケル、アルミニウム、カーボンと、あとはポリマーと鋼の缶が主です。

構成物を一つずつ確認して、例えば「ロンドン金属取引所で買ったら、コストは安く収まるかな? あ!1kWh毎に80ドルになった!」という具合です。どうやればバッテリーの価格を抑えられるか、ということをきちんと自分の頭で考えなくてはならないということです。自分の頭で考えて初めてバッテリーを破格の値段で提供することができるのです。多くの人はどれだけこれが破格なのかに気が付かないかもしれませんがね。

引用:http://logmi.jp/7293より

 

この事例では、

なかなか価格が下がらないバッテリーについて、

当たり前、常識を疑って、

バッテリーを構成する成分まで分析をして、各構成物を安く調達できるか確認してみたら、

破格の値段で提供できることがわかった、

という内容です。

 

物理学のアプローチとは、

「基本的原理から発想すること」

と言えそうですね。

 

基本的原理から発想することの大切さ

もう1つ、物理学的なアプローチについて。

革新的なアイデアを生み出すためには、

すでにあるものと比べない、基本的原理から発想することが大切です。

大切なのは、すでにあるものと比べない、基本的原理から発想するということでしょう。これってあのサービスと似ている、だとかあの人達もやっているからという理由で物事を進めない。基本的原理を疑ってかかるよりも、成功している人を真似するほうが頭を使わなくて済みますね。基本的原理というのは物理的に言うと世界を見て「これはどういうことなのか、どうしてこうなのか」と考えること、つまり、「私達が正しいと信じていることは真実なのか?」とそこから考えていくのです。なので、考えるのにとても頭を使います。

引用:http://logmi.jp/7293より

 

基本的原理を疑うよりも、成功している人を真似する方が頭を使わなくて済むけど、

 

これはどういうことなのか?

どうしてこうなのか?

正しいと信じていることは真実なのか?

 

と考えることが大切だとイーロンマスクは語っています。

 

過去の成功事例を真似ることは、もちろん重要なことではありますが、イーロンマスクが言っているのは、

革新的なアイデアを生み出すためには、真似ているだけでは生み出せないということ。

 

常識を疑うこと

基本的原理を疑うこと

「基本的原理から発想することが、革新的なアイデアを生み出す秘訣」

 

ネガティブなフィードバックにヒントがある

イーロンマスクは、

「常に批判を求めよ」

とも語っています。

 

耳が痛いことは聞きたくないけど、

批判を聞かないというのは皆さんが最もよく犯す失敗のひとつ

だと。

 

テスラモーターズで実践する新しいテクノロジーの売り出し方

革新的なアイデアを生み出す秘訣について説明してきましたが、

TEDでは、新しいテクノロジーを売り出すマーケティングについての考え方にも触れていたのでご紹介します。

 

3段階のプロセスが必要

テスラモーターズの場合は、

第1段:少量の高価な車(「10万ドル」のスポーツカーのロードスター)

第2段:中くらいの数量と価格の車(「5万ドル」からというモデルS )

第3段:大量で低価格の車(第3世代の車は「3万ドル」くらいの予定)

と3段階のプロセスを経て、大衆市場への普及を狙っています。

 

本当に新しいテクノロジーというのは大衆市場に受け入れられるには、上記のような3つのメジャーバージョンを要するのが普通です。

 

自分のビジネス、商売にも、もちろん応用できる考え方

新しいサービス、新しい商品をスタートするときには、

マーケティングのイノベーター理論(インベーター理論の説明は後述)もあわせて考えると、

 

第1段:少量、高価格、イノベーターとアーリーアダプター層向けに提供する

イノベーター、アーリーアダプターのフィードバックを受けて改善を繰り返して、商品、サービスの品質を高めていく。

 

第2段:少し多い数量、少し安い価格、アーリーマジョリティ層向けに提供する

第1段の実績と売上をもとに、数量を増やして、価格を少し下げて、中量生産中量販売する。

 

第3段:大量、低価格、レイトマジョリティ層向けに提供する

第2段の実績と売上をもとに、大量生産大量販売する。

 

といった具合に、進めていくのがよさそうですね。

 

イノベーター理論とは

イノベーター理論とは1962年に米・スタンフォード大学の社会学者、エベレット・M・ロジャース教授(Everett M. Rogers)が提唱したイノベーション普及に関する理論で、商品購入の態度を新商品購入の早い順に五つに分類したものです。

1 イノベーター(Innovators:革新者):

冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。

2 アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):

流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。

3 アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):

比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

4 レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):

比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

5  ラガード(Laggards:遅滞者):

最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

引用:http://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my02/my0219.htmlより

おわりに

ひさしぶりにTEDを見ましたが、非常に勉強になりますね。

 

しかも、TEDのwebサイトも機能が充実していて、

・シェアしやすい(ダウンロードもできちゃう)

・文章の書き起こしもサポートされている

など、

動画を見る時間がない方は書き起こしの文章だけ読むこともできてしまいます。

便利すぎる。。

 

今後もシェアしたいTED動画を見つけたら紹介できればと思っていますのでお楽しみに。

 

TED動画「イーロン・マスク:テスラモーターズ、SpaceX、ソーラーシティの夢」

・概要
起業家イーロン・マスクには大いなるプランがあります。
しかもたくさん。
PayPal、テスラモーターズ、SpaceXの創業者が、TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンと膝を交え、大衆向け電気自動車、太陽光発電装置のリース事業、完全に再利用可能なロケットといった、彼の野心的なプロジェクトについて詳しく語ります。
 

イーロンマスク関連の書籍

 

以上、「イーロンマスクがTEDで語った宇宙事業、電気自動車、太陽光発電、革新的なアイデアを次々と生み出す秘訣とは」でした。

それではまた!

スポンサーリンク