飲食店の検索なら食べログ、ホットペッパー、Rettyの時代は終わりました。Googleマイビジネスがこれからの店舗運営では活用必須です!

飲食店や小売店など、店舗運営に関係している人へ、あなたのお店は「Googleマイビジネス」を活用していますか?

または、

ユーザーとして、レストランや居酒屋など行きたいお店を探す際に、「Googleマイビジネス」を利用したことがありますか?

 

聞いたことがない、利用したことない、という方が多いと思いますが、実は普段からいつもGoogleマイビジネスをユーザーとして店舗を探す際に利用している人も多いのではないかと思います。

 

Googleマイビジネスとは、Google 検索やGoogle マップで表示される飲食店などの店舗情報を編集管理するGoogleが無料で提供しているサービスです。

 

Google 検索やGoogle マップで表示されるで表示される店舗情報とは下の写真のような情報です。

渋谷駅周辺でハンバーグが食べれるお店を探したい時、Googleで「渋谷駅 ハンバーグ」と検索します。

画像の1〜2枚目はPCで検索時。検索の最上位にハンバーグ店が表示されたGoogleマップとGoogleマイビジネスに登録された店舗情報が表示されています。それ以降に、食べログ、Retty、ホットペッパーなどの飲食店検索サイトの情報が続きます。

次の2枚はスマートフォンで検索時。PCで検索した時の同じ検索結果です。

最後の1枚は、スマートフォンのGoogleマップで検索時です。これに至っては情報掲載はGoogleマイビジネスの情報のみ。Googleの独壇場です。

 

これらの検索時に最初に表示されるのは、食べログでもなく、ホットペッパーでもなく、最近勢いのあるRettyでもなく、Googleマイビジネスなのです。

飲食店の検索なら食べログ、ホットペッパー、Rettyの時代は終わりました。

今後数年の飲食店をはじめとした店舗検索で一番効果が期待されるのは「Googleマイビジネス」であると思います。

 

Google検索において、「Googleマイビジネス」が最上位に表示されるのはGoogle自身の検索サイトである以上、必然であり、

私の肌感覚としても、ここ数年で、あるエリアで飲食店を検索する際に(店舗名で検索しない場合)、食べログやホットペッパーを使うことはほぼなくなり、Google検索、または、Googleマップ上から検索するようになっています。

単純にその方が時間がかからず便利で、情報の質も年々向上しています。Googleマイビジネスの各店舗の口コミ数も数年前はほとんどなかったのが、最近の1,2年でかなり増えている印象があります。(もちろん店舗によって口コミ数は大きく差はありますが)

 

今回の記事タイトルとして、飲食店を探す大手グルメサイトである「食べログ」「ホットペッパーグルメ」「Retty」が「Googleマイビジネス」に飲み込まれるというタイトルにしましたが、そのとおり、今後、飲食店(店舗)を検索するという分野はGoogleマイビジネスが大きくシェアを伸ばす可能性があると考えています。

 

今回は、特に店舗運営関係者に人にGoogleマイビジネスの存在を知ってもらうきっかけになればと思っています。

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、Google 検索やGoogle マップで表示される検索結果にあなたのビジネス、店舗を登録、情報の編集管理ができるwebサービスです。

利用料金は無料。

営業時間や定休日などの基本情報から、無料の簡易webサイトの作成、写真掲載、最新情報の投稿など店舗情報として必要な機能はほぼ網羅されています。

Googleマイビジネスへのアクセス情報解析機能がとても便利

店舗運営者にとって、たくさんある機能の中でも私が個人的に気に入っている機能は、Googleらしいアクセス情報解析機能です。

一般的なwebサイトであればwebサイトへのアクセス解析としてGoogleアナリティクスを利用しますが、ほぼ同様なアクセス解析機能が搭載されているので、Googleマイビジネスを開始すれば、Googleマイビジネスの管理画面や、Googleマイビジネスのスマホアプリ上でGoogleマイビジネスのアクセス情報を確認することができます。

 

具体的には、

・Googleマイビジネスの表示回数(Google検索、Googleマップ)

・ユーザーの反応(リンクのwebサイトへのアクセス、ルートの検索、電話をかけた回数)

などのアクセス情報を確認することができます。

Googleマイビジネスがどれくらい効果があるか、どんな情報を充実させていくべきか、など改善に役立つ情報が簡単に手に入ります。

最も重要なポイントは食べログ、ホットペッパー、Rettyよりも上位に表示されるということ

Googleマイビジネスが、店舗を検索するという分野において、食べログやホットペッパー、Rettyを置き去りにしてシェアを大きく伸ばす可能性があるという根拠は、

「Google検索した時に、Googleマイビジネスの情報が食べログやホットペッパー、Rettyよりも確実に上位に表示される」

この点に尽きます。

 

Google検索はGoogleが提供している検索サービスの中に、食べログやホットペッパー、Rettyも表示させてもらっている構図になっているので、直接食べログやホットペッパーのURLを入力しない限りは、検索するユーザーの目に最初に飛び込んでくるのはGoogleマイビジネスの情報です。

 

2018年4月の現時点は、Googleマイビジネスの情報よりも従来の大手グルメサイト(食べログ、ホットペッパー、Rettyなど)の方が掲載されている情報量や質が優っている状況であるので、現状はまだまだ飲食店を探す際に大手グルメサイトを信頼して利用している人が多いと思いますが、

今後、Googleマイビジネスの重要性に気づく店舗が増えていけば、自然とGoogleマイビジネスに掲載される情報は充実していきます。

掲載情報が充実していれば、ユーザーはわざわざ下にスクロースしないと見れない大手グルメサイトを閲覧するよりもGoogleマイビジネスを見るようになるはずです。その方が手間や時間がかからないからです。

そして、たくさんのユーザーがGoogleマイビジネスを利用するようになれば、今まで食べログに口コミを投稿していた人もGoogleマイビジネスに口コミを投稿するようになり、さらにその差は拡大していきます。

Googleに飲み込まれていく日本

Google検索、Googleマップ、youtube、をはじめGoogleが提供する無数のサービスは、我々ユーザーにとっては非常に便利で日々の生活に欠かせないほど普及しています。

また、ビジネスをしている経営者、店舗運営者にとっても、集客するための広告宣伝において、必要不可欠なサービスとなっています。

 

ユーザーの視点でみれば、より便利になっていくことは歓迎すべきことですが、日本という視点でみると、必ずしも簡単に喜ぶべきことではないことがわかります。

 

Google検索に飲みまれた日本の検索サービス、Googleマップに飲みまれた日本の地図サービス、などGoogleにユーザーのシェアを奪われた日本のサービスは数知れず。

スマホアプリに関しても、iOSアプリ、Androidアプリは日本の企業がアプリを開発提供していたとしても売上の一部はプラットフォームを提供しているアップル、グーグルへ流れます。

要は、日本で日本人が日本企業が開発したスマホアプリに課金したとしても、そのお金の一部はアメリカのアップル、グーグルへ流れてしまうということ。

今回ご紹介したGoogleマイビジネスに関しても、食べログやホットペッパーの利用者が減ることは利益は減ることであり、Googleがますます利益を得て拡大していく構図になっていきます。

日本のために食べログやホットペッパー、Rettyを使い続けましょう、という話ではなく、表面だけを見るのではなく、ちゃんと裏側も理解しておきましょう、といった意味で知っておいてもらえたらと思います。

Googleマイビジネスの登録方法、使い方

Googleマイビジネスは、Googleマイビジネス登録ページから簡単に登録できます。

 

情報の登録方法についてはwebやPCが得意な方であれば自力で登録するのも全然できると思いますが、

ちょっと不安な方や説明書を見ながら漏れなくしっかり登録したいという方には、参考書籍を見ながら登録をおすすめします。

Googleマイビジネスの登録方法から、活用方法まで紹介されているので参考になるでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

店舗運営の関係者の人は、Googleマイビジネスをぜひビジネスに活用してみてください。無料ですし、最初の少しの登録の手間をペイするくらいの効果は高い確率で期待できます。

店舗検索するユーザーの人は、Googleマイビジネスで店舗検索したことがなければ、とても便利なので使ってみてください。

 

以上、「飲食店の検索なら食べログ、ホットペッパー、Rettyの時代は終わりました。Googleマイビジネスがこれからの店舗運営では活用必須です!」でした!

それではまた!