生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【Revolutとは】日本でもサービス開始した英国発オンライン銀行サービスを徹底解説

皆さんは自分のお金をどのように管理していますか?

近年では電子マネーやコード決済などの決済方法が普及し、現金をほとんど使わないという人も増えています。

またインターネットバンキングも、オンライン上で残高照会や振込などができる手段として広く受け入れられています。

お金をアプリ上やオンライン上で扱うのが一般的になりつつある現在では、お金の管理はアプリを利用するのが便利です。

 

お金の管理ができるアプリはたくさんありますが、お金の管理はもちろん送金や貯金など色々なことができるアプリを使いたいという方には、「Revolut」がおすすめです。

「Revolut」とは、英国発のオンライン銀行サービスで、日本でも2020年にサービスを本格開始した注目のサービスです。

今回は、Revolutのおすすめポイントを紹介していきます。

Revolut海外版と日本版の機能比較一覧表

国際送金 P2P送金 デビットカード 株式投資 子供用ジュニアアカウント
Revolut海外版
Revolut日本版 × ×

Revolutとは

Revolut公式サイト:https://www.revolut.com/ja-JP/

Revolutとは英国発のオンライン銀行サービス

Revolutとは、英国発のオンライン銀行アプリです。

設立が2015年と比較的新しいサービスですが、すでに顧客数は1300万人となっており、欧州中心にさまざまな国で使われています。

アカウント(口座)を開設すると、さまざまな国の通貨をアプリ上で保管したり、両替したりできるようになります。

従来の銀行の業務をフルサービスとすると、Revolutのような銀行はチャレンジャーバンクなどと呼ばれ、サービスを限定することで手数料を安く抑えたり、特定のサービスに特化することで細かなニーズに応えています。

特に、格安な手数料で外貨両替や海外送金ができる点で多くのユーザーが魅力に感じ利用しています。

従来の銀行のフルサービスは必要ない、P2P送金などのRevolutが特化している部分を必要としている、というようなユーザーにとってはとても嬉しいサービスです。

Revolutでできること

Revolutは銀行アプリなので、口座を開設してお金を預けたり引き出したりということはもちろん可能です。

従来の銀行だと窓口やATMで現金を入金したり、ネットバンキングの口座間でお金を移動させるというのが一般的ですが、Revolutの場合はクレジットカードやApple Pay、Google Payなどから入金ができます。

ただし日本のクレジットカードから入金した残高はそのまま出金することはできないので注意が必要です。

口座を作ると電子ウォレットとデビットカードが作られ、入金したお金はそれらを通して支払いなどに使うことも可能です。

お金を預けておく銀行口座でありながら、そのお金をチャージしたプリペイドカードでもあるという捉え方もできます。

Revolutは国内外への送金が可能で、P2P送金にも対応しています。

さまざまな種類の通貨が利用されている欧州発のサービスということもあり、両替にも特化しています。

両替手数料が安く設定されており、条件にもよりますが手数料なしでの両替も可能で、両替の手間も少ないです。

また口座に入れてある日本円を、海外のATMで現地通貨として引き出すことも可能で、毎月25,000円までであれば手数料は無料です。

海外旅行や出張などでは、Revolutを使うと買い物や両替などの際にかなり便利です。

Revolutの海外版・日本版の主な違い

Revolutの日本版は、2020年サービススタートで、海外版のRevolutと比べると、まだ利用できるサービスが限られています。

日本版のRevolutでは口座に入れたお金をショッピングに使ったり、P2P送金や国際送金を行ったり、少ない手数料で両替することが可能です。

また端数を貯金するなどの設定ができる貯金箱機能や、支出や予算を分析してくれる管理機能など、家計管理や節約にも役立つ機能が使えます。

 

一方で、海外版Revolutで使用できる暗号通貨や株取引などの投資機能は日本版Revolutではまだ実装されていません。

また保護者のアプリと紐づけて使用する子供用のジュニアアカウントも、日本版にはまだありません。

ジュニアアカウントとは、子供向けに機能を制限してあり、保護者が送金して残高を追加したり、取引の通知や履歴へのアクセスが可能で、お小遣い管理ができる非常に便利なサービスです。

 

Revolutはいずれ全世界で暗号通貨や株取引などの日本版未実装の機能を提供すると発表しているので、今は海外版のみの機能も今後使えるようになると思われます。

Revolut日本版の料金プランごとの違い

Revolutの日本版には、無料のスタンダード会員、有料のプレミアム会員とメタル会員の3つのプランが用意されています。

スタンダード会員 プレミアム会員 メタル会員
月額料金 無料 月額980円 月額1,800円
最安値の為替レート
海外送金手数料 毎月750,000円まで無料 限度額なしで無料 限度額なしで無料
海外ATMで無料引き出し 毎月25,000円まで無料引き出し 毎月50,000円まで無料引き出し 毎月100,000円まで無料引き出し
カード配送について 送料負担あり 送料無料・優先配送 送料無料・優先配送
優先カスタマーサポート ×
カードデザイン スタンダードカード オリジナルデザインのプレミアムカード 特別デザインのメタルカード
ワンタイムバーチャルカード ×
無料空港ラウンジ利用 ×

Revolut日本版:スタンダード会員(月額無料)

スタンダード会員では、

・無料でサービスを利用できる

・最安の為替レートでの外貨両替と海外送金

・月額750,000円まで海外送金手数料が無料

・海外のATMでの現地通貨引き出しが毎月25,000円まで手数料無料

などが設定されています。

Revolut日本版:プレミアム会員(月額980円)

プレミアム会員では、スタンダード会員の機能に加えて、

・限度額なしでの海外送金手数料が無料

・海外のATMでの引き出しが毎月50,000円まで手数料無料

・限定デザインのカード

・優先カスタマーサポート

・飛行機フライトが遅延した際に本人含め2名まで無料&ラウンジを利用できる

などの特典サービスが提供されます。

Revolut日本版:メタル会員(月額1,800円)

メタル会員では、プレミアム会員の機能と特典に加えて、

・海外のATMで毎月100,000円まで手数料無料で引き出しが可能

・特別デザインのメタルカード

・飛行機フライトが遅延した際に本人含め4人まで無料&ラウンジが利用できる

などの特典サービスが提供されます。

 

今後、機能が追加された際には変わるかもしれませんが、現時点では両替や海外ATMでの引き出しをどのくらい行うかによってプランを選ぶのが良いと思います。

Revolutの評判・口コミ

RevolutのTwitterでの評判・口コミ

Revolutの日本でのサービスは開始したばかりのため、実際に使っている人はまだ少ないですが、やはり両替手数料の安さに注目している人が多いようです。

また物理カードが手元に届き、デザインに注目している人も多いです。

スタンダード会員用のデザインはかわいいという意見が多く、プレミアム会員のカードデザインは高級感があります。

Revolutはどんな人におすすめ?

海外旅行や出張の際に使うのがおすすめ

Revolutの最大のメリットは他の通貨との両替や送金などの手数料の低さや手間の少なさです。

そのため日本円しか扱わない人にとっては、今のところスタンダード会員以外のプランを使うメリットはあまりありません。

ですが海外旅行や海外出張など、日本円以外の通貨を利用する場合には非常にメリットが多くなります。

また国際送金やP2P送金が可能なので、海外の家族や友人に送金を行うという場合にも便利です。

貯金箱機能や分析機能を家計管理ツールとして使うこともできるので、節約のために使うこともできます。

今後海外版のように投資関係やジュニアアカウントなどの機能が実施されれば、海外に行ったり送金をする機会のない人にとってもメリットの多いサービスになるので、興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「【Revolutとは】日本でもサービス開始した英国発オンライン銀行サービスを徹底解説」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です