生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【Shopifyとは?徹底解説】ECサイトを手軽につくれる注目の日本上陸サービス!大手企業の事例など紹介。

Shopify(ショッピファイ)とは、ECサイト(ネットショップ)を手軽に作成できるプラットフォームです。

2004年にカナダでスタートし、2017年から日本でもサービスを展開しました。世界全体では、80万ものサイトで利用されていると言われます。

様々な国の言語・通貨に対応していることから、「越境EC」をつくるのにも適しています。

今回の記事では、ECサイトを手軽につくれる「Shopify」の利用を検討している方に向けて解説していきます。

Shopifyの料金プラン

Shopifyには「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」という3つの基本プランがあります。

ベーシックプランは、月額29ドル(約3,000円)で始めることができ、非常にお手頃といえます。

また、月額9ドルという超安価で利用できる「ライト」プランも存在します。

オンラインストアを構築することはできませんが、個人サイト・ブログ・SNSなどにShopify機能を埋め込むことができます。

 

プラン別の主な特徴を、以下に記載します。

Shopifyの料金プラン一覧表

ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 $29 $79 $299
商品の登録数 無制限 無制限 無制限
スタッフアカウント数 2 5 15
24時間サポート
無料SSL
カゴ落ち対策
ギフトカード ×
プロフェッショナルレポート ×
高度なレポートビルダー × ×
外部サービスの自動計算送料 × ×
日本のオンラインクレジットカード料金 3.4% 3.3% 3.25%
Shopifyペイメント以外の決済サービスを使用する場合の追加料金 2.0% 1.0% 0.5%

上記の通り「ベーシックプラン」であっても、商品登録は無制限、24時間サポートを受けられるなど、十分なサービスが備わっています。

・Shopify公式サイト:Shopifyの料金プラン

Shopifyはどんなお店に向いているのか?

Shopifyは、個人運営の通販サイトから、「ネスレ」「ゴーゴーカレー」といった大企業まで幅広く利用されています。

店舗なしで気軽にECサービスを始めることが可能な一方、実店舗のPOSシステムと在庫・売上などを連動させることも可能です。

「大手から個人まで」「完全オンラインから実店舗との連動まで」、あらゆるビジネスパターンに向いているプラットフォームといえるでしょう。

Shopifyと類似サービスの違いとは?

ECサイトを構築するサービスには、Shopifyの他に以下のようなものがあります。

一体、何が違うのでしょうか?

・BASE https://thebase.in/

・STORES.jp https://stores.jp/

・カラーミーショップ https://shop-pro.jp/

・MakeShop https://www.makeshop.jp/

【月額利用料の比較】Shopifyと類似サービスを比較

・Shopify 29ドル(約3,000円)~

・BASE  0円

・STORES.jp 1980円~

・カラーミーショップ 900円~

・MakeShop 7000円、50000円

Shopify は機能が充実している代わりに、月額利用料が多少かかります。

「続けるかは分からないが、お試しがてらECサイトを作ってみたい」という人は、BASEやカラーミーショップを試してみるといいでしょう。

またMakeShopは、基本利用料が高く、大手の法人向けといえます。

【決済方法の比較】Shopifyと類似サービスを比較

決済方法の豊富さは、売上に直結します。

商品をカートに入れたものの、注文途中で決済手段の少なさを知り、面倒になって購入を止める(いわゆる「カゴ落ち」)という例は、非常に多いといわれています。豊富な決済方法を用意しておくことで、お客の心を離さずに売上につなげることができます。

Shopify BASE STORES.jp カラーミーショップ MakeShop
クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
キャリア決済
後払い
代引き
Paypal
Amazon Pay
楽天ペイ

流石にどのプラットフォームも、様々な決済手段に対応していますね。大きな差はないといえるでしょう。

Shopify は、楽天ペイに対応していませんが、それほど遜色ありません。

【デザインテンプレートの種類数を比較】Shopifyと類似サービスを比較

・Shopify 100種類以上

・BASE  40種類

・STORES.jp 50種類

・カラーミーショップ 30種類

・MakeShop 170種類

デザインテンプレートの豊富さでは「Shopify」「MakeShop」の2つが群を抜いています。無料のデザインも、有料のデザインも、優れたものが公開されています。

Shopify は、デザインテンプレートや拡張アプリを開発した有志に対して、報酬の一部が還元される仕組みになっています。そのため、世界中の優れたエンジニア達が、挙って機能拡張を行っています。今後も、この流れは加速していくことでしょう。

Shopifyを使った国産ECサイト事例のまとめ

実際にShopifyを使っている日本語サイトをいくつか紹介します。

大手企業から個人サイトまで、実に様々なサイトで使われていることが分かります。

・ゴーゴーカレー 公式サイト:https://jp.gogocurry.com/

・KANAGU STORE 公式サイト:https://kanagu-store.com/

・ゴーゴーサイクリング 公式サイト:https://www.55cycling.com/

・Runtrip Store 公式サイト:https://store.runtrip.jp/

・LOUVRICH 公式サイト:https://hishiya-inc.com

・名/NA 公式サイト:https://naisthename.com/

 

別記事で、さらに多くのShopifyを使用したウェブサイト事例をまとめた記事もありますので、ぜひあわせてご覧ください。

日本のECサイトのShopify導入事例27選をまとめました

Shopifyのメリット、デメリット

【Shopifyのメリット】

・利用料金が安く、始めやすい

・豊富なアプリが用意されている

→ Shopifyには豊富なアプリが用意されています。「配達料金の計算を自動で行う」「納品書・インボイスを自動作成する」「商品にレビュー投稿機能をつける」など、実に様々なパターンが用意されており、欲しい機能を簡単に追加することができます。

【Shopifyのデメリット】

・一部英語表記が残っている

→ システムの一部に日本語訳されていない部分があり、使うときに多少手間取るかもしれません。

・サポート体制に不安あり

→ 24時間サポートを謳ってはいるものの、問い合わせてから回答まで数日かかることもよくあるようです。

Shopifyに関するネット上の評判、口コミ

Shopifyのネット上での評判、口コミをまとめてみました。

https://twitter.com/1spread_das/status/1224648072858259456

Shopifyに関するよくある問い合わせ

Q.Shopifyは無料で利用できますか?

A.14日間、お試し利用することができます。クレジットカードの登録も必要ありません。

Q.Shopifyはデザイナーや開発者でないと利用できないですか?

A.出来合いのテーマやアプリを使用するだけで、十分サイトを作れます。ウェブ制作の高度な知識は必要ありません。ただし、細かなカスタマイズを行いたい場合は、HTMLなどの知識が必要になります。

Q.在庫の管理はどうすればいい?

A.販売する商品を手元に持っていない場合は、「ドロップシッピング」という手段もあります。ドロップシッピングとは、通販サイトの運営だけを行い、商品の発送は製造元から直接行う方式のことです。

ECサイトの新定番になりそうな「Shopify」

Shopifyの特徴をまとめると、以下のとおりです。

・世界80万サイトで利用

・大手企業でも個人経営でも使われている

・月額3,000円から利用可能

・ウェブ制作の高度な知識は必要なし

非の打ち所のないプラットフォームです。

 

日本でもドンドン広まって、ECサイトの新たな定番になるかもしれませんね。

 

以上、「【Shopifyとは?徹底解説】ECサイトを手軽につくれる注目の日本上陸サービス!大手企業の事例など紹介。」でした。それではまた。