何か新しいことを始めたい時にまずやることは「やめる」ことから

何か新しいことを始めたい時にまずやることは「やめる」ことから

新しいことを始めようとしているのに、まずはやめることから?

矛盾してない?

と思われるかもしれません。

 

しかし、新しく何かを始めたいと思ったら、まずは何かを「やめる」ことからスタートしなければいけません。

 

友達と刺激的な話をして、「よし、これからは〇〇をはじめてみよう!」

本を読んで、「よし、これからは〇〇をはじめてみよう!」

 

と決意をして、やる気があるうちはいいものの、

 

三日坊主で続かない・・・、

忙しくてやりたい気持ちはあるのに続かない・・・、

始めることすらできない・・・、

 

といった経験があるのであれば、なおさらです。

 

なぜ、何かを始めたいのに「やめる」ことからスタートしなければいけないのか?

人にはみな平等に24時間という時間が与えられています。

 

赤ちゃんにも、小学生にも、高校生にも、成人にも、お年寄りにも、

サラリーマンにも、社長にも、お金持ちにも、プロスポーツ選手にも、

 

全員平等に1日24時間を過ごしています。

 

みんな、24時間の中で、

睡眠、食事、仕事をしたり、勉強をしたり、友達と遊んだり、テレビをみたり、ゲームをしたり、漫画を読んだり、

時間をやりくりして、自分がやりたいことをやっています。

 

毎日暇だなー、時間がありあまってるけどすることがない、

という状況の人はほとんどいなくて、

多くの人が、毎日やりたいことはたくさんあるけどできてない状況だと思います。(やりたいことは人によって、仕事、勉強、遊び、旅行、などさまざま。)

 

すでに24時間びっしり使っているのに、

さらに何か新しいことを始めたいと思った時に、そのまま追加は無理があるから、やりたくてもできない、続かない状況になっているのです。

 

だからこそ、

新しいことを始めたいときには、

今自分がやっていることで優先順位が低いこと、なんとなく時間を使っていること、などを「やめて」、時間を空けて確保してから、その時間で新しいことを始める必要があるのです。

 

今のあなたにとって、優先順位の低いこと、なんとなく時間を使っていることはありますか?

 

なんとなく見ているテレビの時間をやめてみる。

毎週会っている友達との時間を月に1回に減らしてみる。

 

毎日、毎週、毎月、

当たり前のように取り組んでいることも、冷静に考えてみたら、もっとやりたいことがあるのに、やりたいことを優先せずに、やってしまっていることがありませんか?

 

何事にも余裕をもつことの重要性

自分の時間、家の中の物、仕事やプライベートのスケジュール、

 

時間、空間、スケジュール、何事にも余裕をもつことは大切です。

 

人生はいつなにが起きるかわかりません。

 

急に、

ずっとやりたかった仕事ができるチャンスが現れるかもしれません、

行ってみたかった場所へ旅行に行く機会が訪れるかもしれません、

欲しかったものを手にいれるチャンスが現れるかもしれません、

 

そのようなチャンスに、自分の時間、空間、スケジュールにまったく余裕がなくてびっしり埋まってしまっていたら、泣く泣くチャンスを逃してしまいます。

 

新しい何かを手にいれるには、何かをやめて余裕をつくることから始めないといけません。

 

常に余裕がある状態であれば、

新しく何かを始めたい!と思った瞬間からすぐに取り掛かることができます。

 

びっしり埋まった状態から、何かを外に出す。

 

そうすると、空いた場所に新しい何かが入ってくるもの。

 

いつでも、自分に余裕があるかどうか、日々チェックすることが大切だと思います。

そんなの考える余裕もない!チェックする時間もない!なんて状況は赤信号です。

 

ぜひ、新しく何かを始めたいと思った時には、何かをやめることから始める、という意識をもってみてください。

 

何か新しいことを始めたい時に知っておくと得するヒントをまとめた記事「何か新しいことを始めたい時に知っておくと得する8つのヒント」もぜひあわせてご覧ください。

 

以上、「何か新しいことを始めたい時にまずやることは「やめる」ことから」でした。

それではまた!

スポンサーリンク