生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【定額住み放題・徹底比較】サブスク型住居「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」の違い?多拠点居住に最適なコリビングサービスどれを選ぶ?

「月額数万円で全国数十カ所の拠点に住み放題」

「スマホ1つで家具付き賃貸物件と契約ができて、毎月違う部屋に住み替えが現実的にできる」

 

「定額住み放題」「サブスク型住居」「定額泊まり放題」「旅するように暮らす」

といった新しいコンセプトで賃貸住居を提供するサービスが増えてきており(今回紹介する「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」を筆頭に)、

新たな生活スタイルとして「コリビング」や「マルチハビテーション(多拠点居住)」が注目を集めつつあります。

 

「コリビング」とは、複数の人が共同で生活するスタイルのこと。

「マルチハビテーション」とは、1つの家にこだわらず、複数の住居をもって生活するスタイルのことを指します。

 

今回の記事では、日本で展開しているコリビングサービス「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」のそれぞれの特徴を解説します。

【定額住み放題・徹底比較】「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」多拠点居住に最適なコリビングサービスの違い

【比較一覧表】定額住み放題「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」

2019年11月時点の情報です。各サービス、エリアや物件数など順次拡大中です。

ADDress
公式サイト
HafH
公式サイト
OYO LIFE
公式サイト
展開エリア 日本国内 日本~海外 都心
物件数 25件 100件以上 100件以上
料金プラン ¥40,000(税抜) / 月

登録初月は利用料無料

・いつもハフ「土」
専用ドミトリー+全国拠点を月に10日利用
¥82,000(税込)/ 月

・いつもハフ「風」
全国拠点を1ヶ月利用
¥82,000(税込)/ 月

・ときどきハフ
全国拠点を月10日利用
¥32,000(税込)/ 月

・ちょっとハフ
全国拠点を月5日利用
¥16,000(税込)/ 月

・おためしハフ
全国拠点を月2日利用
¥3,000(税込)/ 月

・おやすみハフ
利用しない月向け
¥0/ 月

物件による

(6万~15万程度目安)

契約期間 1年間
(中途解約の場合は、2ヶ月前の事前通知が必要)
1ヶ月目安。プランによって異なる。 最短31日から契約可能
敷金・礼金・保証金 なし なし なし
水道光熱費・Wi-F・家具など 月額料金に含まれる 月額料金に含まれる

月額料金に含まれる

(物件によっては家具なし物件もある)

利用できる部屋 ・ADDressが提供する専用ドミトリを持ちつつ、全国にあるADDressの家の個室を予約して利用できる

・ドミトリールームの中にある、2段ベッドの内の1つを専用ドミトリ(専有スペース)として利用できる(住民票登録ができる)

・+2万円(税別)/月の追加で、パートナー(ご友人を含む)と個室の同時利用可能

・HafHが提供する世界中の「ゲストハウス」「ホステル」と呼ばれる宿泊施設にある「ドミトリータイプ」が利用可能

・いつもハフ「土」プランのみ専有ベッドが利用できる(荷物の保管が可能)

・個室がある施設は追加料金で個室利用可能

・OYO LIFEが提供する賃貸物件
住民票の登録 可能

施設によって異なる(各施設に相談の必要あり)

可能
予約ルール ・同じ家を連続しての利用は最長7日まで可能

・一度に予約可能な日数は14日間

・3ヶ月先まで予約可能

・最長3ヶ月先まで予約可能 ・最短30分の手軽な入居手続き

・部屋の予約から、支払い・契約まですべてオンラインで完結

・面倒な来店や、紙の契約書の記入は一切不要

①「ADDress」 コスパ最高! つねに刺激を求める人向き

ADDress

(画像出典:https://address.love/

「ADDress」はこんな人にオススメ

・新しい人や街との出会いを求めてやまない人

・各地に短期滞在を繰り返すアドレスホッパーの人

・地方を取材しながら、転々としたいライター など

「ADDress」とは?

まず1つ目は、「ADDress」(アドレス)というサービスです。

北は北海道から南は熊本まで、日本全国に満遍なく25件以上の物件が用意されています。(拠点は順次拡大中)

月額4万円の会員になることで、これらの家を好きに利用することができます。

今回紹介するサービスのなかでは、最もリーズナブルな料金設定です。

 

建物は、現代的なアパート・一戸建てもあれば、レトロな平屋もあります。

空き家になっていた古民家をリノベーションしたり、地元に詳しい管理人さんを置いたりと、地域振興にも一役買っているサービスです。

 

「ADDress」は、刺激を求めて次々と住む場所を変えたい人、短期滞在を繰り返したいライフスタイルの人には、うってつけのサービスといえます。

というのも、ADDress の予約システムは、少し独特です。

まず、一度に予約できる日数が14日までと決められています。将来の居住地を、前々から押さえておくことはできません。

また、同じ家への連続滞在は、7日までしか予約できません。一応、7日後に再予約すれば、次の予約が埋まっていない限り、連続して滞在することは可能です。

つまり、ADDress のサービスは、ユーザが柔軟に住環境を変えることが前提に作られているといえます。あえて制約のある予約システムを用いることで、一つの家に住むメンバーが固定されず、流動的になるように設計されているのではないでしょうか。

連続した滞在が保証されなかったり、将来の居住地を予約できないことは、人によっては不便と感じるかもしれません。しかし、新たな人や街との出会いを求めてやまない人にとっては、実によく出来たサービスだといえます。

「ADDress」の評判・口コミ

「ADDress」詳細はこちらから

「ADDress」公式サイト

②「HafH」 長期滞在からコワーキングまで。海外拠点もあり

HafH

(画像出典:https://hafh.com/ja/

「HafH」はこんな人にオススメ

・将来の住む場所を、しっかり計画したい人

・海外にも拠点をもちたい人

・短期の旅行者 など

「HafH」とは?

次に紹介するのは、「HafH」(ハフ)というサービスです。

HafH は、「コリビングサービス」「旅行者向けサービス」「コワーキングサービス」の3つを展開しています。

日本国内には北海道から沖縄まで100件近くの物件があります。さらに、中南米・オーストラリア・アフリカにも多くの物件を構えています。

 

旅行者向けのプラン “いつもハフ「風」” では、月額82,000円でこれらの物件を自由に利用することが可能です。1月中泊まり放題のため、完全に自宅を持たないアドレスホッパーとして生活することも可能です。

「ADDress」に比べると若干割高ですが、都心の物件を利用することも可能であり、ホテル暮らしと比較すれば、十分にコストパフォーマンスの良いプランといえるでしょう。

短期旅行者のためのプランも存在します。”ときどきハフ” (¥32,000 / 月)プランなら1ヶ月のうち10日間、”ちょっとハフ” (¥16,000 / 月)プランなら1ヶ月のうち5日間、建物を利用することが可能です。外国からの短期旅行者や、就職活動する学生などの利用も歓迎しています。

最長90日まで予約可能のため、しっかり将来計画を立てながら住環境を決めたい人に、うってつけのサービスといえるでしょう。

「HafH」の評判・口コミ

「HafH」詳細はこちらから

「HafH」公式サイト

③「OYO LIFE」 都心のアパートをカンタン契約。法人契約も可能。

OYO LIFE

(画像出典:https://www.oyolife.co.jp/

「OYO LIFE」はこんな人にオススメ

・都心でカンタンに住める場所を探している人

・面倒な契約なしで、新生活を始めたい人

・出張、転勤することになったビジネスパーソン など

「OYO LIFE」とは?

最後に紹介するサービスは「OYO LIFE」です。

都心に100件近くの物件をもっており、ごく簡単な手続きだけで賃貸契約を結ぶことが可能です。最短1ヶ月から利用可能で、最長2年間契約することが可能です。

 

料金は物件によって異なり、安いものでは6万円、高いものでは15万円程度であり、大体10万円前後に収まっている印象です。

契約にあたって、敷金・礼金は必要ありません。また、水道費・光熱費・WiFi通信費用が利用料金に含まれていますので、別途費用は必要ありません。回線工事の必要もなく、即日利用することが可能です。家具がついている物件も多く、面倒な引越しの作業を極力減らすことができます。

 

「ADDress」「HafH」に比べると、コリビングサービスの要素は薄いです。ドミトリーではなく、個室の賃貸が基本になっています。

従来のマンスリーマンションを、スマホ1つで入居できるように徹底して利用しやすくしたサービスと考えてもよいでしょう。

 

契約・支払いは、全てオンラインで完結するため、紙の契約書にサインする必要はありません。ホテルを予約する感覚で、物件を予約することができます。鍵の受け渡しもコンビニで行うため、大家さんと会うこともなく入居生活がスタートします。

「OYO LIFE」は法人契約を結ぶことも可能です。短期出張の拠点や、転勤時のはじめの1ヶ月などに使うと、大変便利ではないでしょうか。2年契約縛りなどが無く、退去も2週間前に連絡すればOKのため、気軽に利用することができます。

「OYO LIFE」の評判・口コミ

「OYO LIFE」詳細はこちらから

「OYO LIFE」公式サイト

まとめ

今回、コリビングサービスを3つ紹介しましたが、いかがでしたか。

どのくらいのペースで住む場所を変えたいのか、どの地域に暮らしたいのかで、使うべきサービスは変わります。じっくり自分の人生設計と照らし合わせて、最適なサービスを利用しましょう。

居住地にこだわらない新しいライフスタイルが、今後も広がっていくとよいですね。

今後、新しいサービスの出現にも期待したいところです。

 

移動できるモバイルハウスを使えば、常に移動しながら暮らすことも可能です。

モバイルハウスとは?種類、価格目安、メリット、デメリットについてのまとめ。

 

数百万円で小さい家が手に入るタイニーハウスなら、多拠点居住も現実的に検討できるのでおすすめです。

【2019年版】低価格のタイニーハウス・モバイルハウスまとめ12選。無印良品スノーピークの小屋も注目!

 

以上、「【定額住み放題・徹底比較】サブスク型住居「ADDress」「HafH」「OYO LIFE」の違い?多拠点居住に最適なコリビングサービスどれを選ぶ?」でした。それではまた。