生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

賃貸物件の鍵に取付可能なスマートロックおすすめ厳選2選【後付けで簡単に取付&外せるから安心】

今回の記事は、賃貸物件の鍵に取り付け可能な15,000〜25,000円程度のスマートロックおすすめ厳選2選の紹介と、賃貸物件にスマートロックを取り付けていいの?、といったよくある疑問について解消できる内容になっています。

 

「賃貸物件に取り付け可能なスマートロックを探している」

「賃貸物件に取り付けできて安くてコスパがいいスマートロックを探している」

「スマホを鍵にできるスマートロックが気になっているけど、自分が今住んでいる賃貸物件に取り付けをして良いのか分からない」

そのような人たちにとって有益な情報となれば幸いです。

 

「スマートロックとは」「スマートロックのメリットやデメリット」といったスマートロックの基本的な情報については、別記事「【2019年版】スマートロックおすすめ比較厳選3選!スマートロックでスマホが家の鍵になる」の方でまとめていますので、是非あわせてご覧になってください。

 

賃貸オフィス向けのスマートロックについては、こちらの記事がおすすめです。「【安価な入退室管理システムおすすめ厳選6選】工事不要・初期費用無料まで様々なクラウド型サービスをまとめました

賃貸物件の鍵に取り付け可能なスマートロックおすすめ2選

【結論】両面テープで簡単に取り付けと取り外しができるスマートロックであれは賃貸物件でも大丈夫です

結論から言うと、

ドアの内側の鍵に両面テープを使って後付で取り付けをするスマートロックであれば、問題なく賃貸物件にスマートロックを設置することが可能です。

既存の鍵やドアに穴を開けると言った工事を一切せずに、両面テープで簡単に取り付けと取り外しができるので、賃貸物件の家主や管理会社に報告する必要もありませんし、 傷をつけたり既存の設備を交換するわけでもないので現状復帰や原状回復の対象にもなりませんので安心してスマートロックを設置することができます。

ちなみに、「両面テープで取付」と聞くとすぐに外れてしまいそうな印象を抱きがちですが、スマートロックの取り付けで使われる両面テープは非常に強力ですので、その心配は不要です。さらに、強力なテープだけど剥がし跡が残らないタイプの両面テープを採用していますので安心して取り付けと取り外しが可能です。

今回紹介するおすすめスマートロックの1つである「セサミ」の公式youtube動画で、簡単に取り外しができる30秒ほどのデモ動画を見るとわかりやすいです。

賃貸物件の鍵に取り付け可能なスマートロックおすすめ2選

さっそく、賃貸物件の鍵に取り付け可能なスマートロックおすすめ2選を紹介します。

おすすめ理由としては、

・賃貸物件で使える両面テープで簡単に取り付けと取り外しができるタイプであること

・安価な価格であること

・性能や機能が優れていて、コストパフォーマンスがよいこと

を基準に選びました。

ここでは、 スマートロックの価格や公式サイト、購入場所の紹介など簡単な情報紹介にとどめますので、各製品の詳細情報に関しては各公式サイトをご確認いただければと思います。

① 「SESAME」&「セサミmini(一般販売日は2019年4月下旬予定)」

Sesame(セサミ)の主な特徴

・オートロック機能
オートロック設定をすれば、解錠後、5秒~4分の好きな時間にオートロックの設定が可能です。

・遠隔操作+WiFiアクセスポイント
WiFiアクセスポイント(別売)を繋げば、いつでもどこでからでもセサミの操作が可能に。例えば旅行などの長期の不在中でも、急な来客や宅配に常に対応できます。また開閉履歴も常に確認できるのでいつも安心!

・従来の鍵も使用可能
従来の鍵も今まで通り使用可能です。外から鍵を差し込み通常通り開閉することができます。スマホに慣れていない家族や、スマホの電池が切れてしまった場合でも安心です。手動での解錠・施錠も履歴に反映されるのでセキュリティ面でも安心。

・鍵のシェア
メールアドレスでセサミの鍵のアクセスをシェア。合鍵なしで鍵の開閉を可能にします。また時間を設定したり、不要になった際はいつでもシェアを解除する事が可能です。

・履歴の閲覧
誰がいつ鍵を開閉したか、全ての履歴をアプリに記録。鍵のオーナーとマネージャーのみ履歴を閲覧することができます。(※ゲストには履歴は公開されません。)

・簡単取り付け
セサミは3Mテープで簡単に取り付け可能。工事はもちろん、工具や部品も一切必要なし。誰でも簡単に取り付けることができます。また壁を傷つける事もないので、賃貸物件でも利用可能です。

・スマートホームとIFTTT
セサミをスマートホーム機器と連携させることで、セサミの解錠で帰宅を知らせ、お家の灯りや家電をオンにします。またIFTTTやGoogleアシスタント、Amazonアレクサ、Siriに対応しています。

・Apple Watch対応
Apple Watchから鍵を開け閉め可能。ちょっとした外出時にスマホを持ち歩く必要がありません。

・ダッシュボードで管理
パソコン上からセサミの解錠・施錠ができたり、履歴やセサミの稼働率などデータ管理や分析が可能です。

・軍事レベルのセキュリティ
セサミはAES-256-GCMとTLS 1.2という現時点で最も強固な暗号化システムを採用。その強固さは1部屋サイズのスーパーコンピューターを家の前に持ってきて、数年間解読して、やっと突破できるくらいの強さ。

「Sesame」「Sesame mini」の価格 / 公式サイト

「Sesame」「Sesame mini」の価格
本体価格:14,800円(税込)
Wi-Fi 遠隔操作デバイス価格:6,000円(税込)
セット価格(スマートロック&WiFi):19,800円(税込)

Sesame公式サイト

Sesame mini の購入体験レビュー

私が実際に「Sesame mini」をクラウドファンディングで購入して自宅の鍵として使用してみた体験レビューを別記事にまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【セサミminiスマートロックレビュー】スマホが家の鍵になるコスパ最強でおすすめな選択肢

Sesameの購入方法

・「Sesame mini(セサミ mini)」(2019年5月6日一般発売予定)
「Sesame」を改良して日本版に新開発された「Sesame mini」は、2018年秋にクラウドファンディング「Makuake」で資金調達が完了して、2019年5月6日一般発売予定です。

 

・「Sesame(セサミ)」の購入方法

 

② 「Qrio Lock (キュリオロック)」

Qrio Lockの主な特徴

・オートロック機能
オートロックの設定が可能です。

・ハンズフリー機能
スマホをポケットにいれたまま、ドアに近づくだけでドアの解錠が可能です。スマホすら操作する必要がなくなります。

・遠隔操作+Qrio Hub
Qrio Hub(別売)を繋げば、いつでもどこでからでもQrio Lockの操作が可能に。鍵が操作されたらスマートフォンに通知、家族の帰宅確認にもなります。

・従来の鍵も使用可能
従来の鍵も今まで通り使用可能です。スマートロックはドアの内側に設置するため、通常の鍵穴を利用した解施錠もできます。

・鍵のシェア
メールアドレスで合鍵情報をシェア。物理的な合鍵なしで鍵の開閉を可能にします。

・履歴の閲覧
誰がいつ鍵を開閉したか、スマートフォンに通知されます。

・簡単取り付け
取り付けは付属の両面テープで貼り付けるだけ。ドアに穴を開けることも、特別な工事も必要ありません。剥がれにくく、後残りしにくい両面テープなので、賃貸住宅でも安心です。

・Apple Watch対応
Apple Watchから鍵を開け閉め可能。ちょっとした外出時にスマホを持ち歩く必要がありません。

・専用リモコンキー
スマートフォンを持たない方にはQrio Keyを。ボタン操作で誰でも使える、Qrio Lockの専用リモコンキーです。

Qrio Lockの価格 / 製品情報 / 公式サイト

・「Qrio Lock」の価格
本体価格:22,392円(税込)
Qrio Hub遠隔操作デバイス価格:7,854円(税込)
セット価格(スマートロック&WiFi):30,246円(税込)

・Qrio Lock(Q-SL2)の製品情報
重さ(バッテリー無): 207g(※ CR123Aリチウム電池2本含んだ重さ:約240g)
サイズ:長さ 115.5 mm / 幅 57 mm / 奥行き 77 mm (つまみ含む)
電池寿命:約180日(1日約10回の動作を想定)(予備電池使用時は約360日)

・「Qrio Lock公式サイト

Qrio Lockの購入方法

・「Qrio Lock Q-SL2」
「Qrio Lock」はAmazonにて販売されています。

今回紹介したスマートロックは、ドアの内側の鍵に両面テープを使って後付で取り付けでき、簡単に取り外しができるタイプですので、賃貸物件でも問題なくスマートロックをつけることができます。

両面テープで簡単に取り付けと取り外しができるスマートロックを使えば、賃貸物件についているドアの鍵を交換したり、穴を開けたりといった工事は一切しないので、退去時の原状回復について心配しないで利用することができます。

スマートロックの取り付けに工事は必要ですか?誰でも取り付けができますか?

今回紹介したスマートロックの場合は工事は必要ありません。

両面テープでの取り付けで簡単に設置が可能です。

既存の鍵を交換する必要もないですし、説明書の通りに誰でも簡単に取り付けは可能です。

取り付けの両面テープは剥がれたりしないんですか?

スマートロックを発売している各社がそれぞれ取り付けに使用する両面テープ、シールの耐久実験を実施しています。

スマートロックを故意に外そうとしたり、強くぶつかったりしない限りは、剥がれないように計算されて各商品発売されていますので、そこまで心配する必要はないと思います。

自分の家の鍵に取り付けが出来るのかどうか心配です

スマートロックが設置できるかどうかサムターン(鍵)の対応表を各商品の公式サイトに掲載されています。

一般的な鍵はほぼカバーされているので、賃貸物件であれば特殊な鍵を使っているケースは少ないですので特に問題はないと思いますが、購入前にご確認されることをお勧めします。

スマートロックを設置した後は今まで使ってた物理的な鍵は使えなくなるんですか?

今回紹介したスマートロックであれば、物理的な鍵も今まで通り使用することが可能です。

スマートロックはドアの内側に設置をして、ドアの外側は変わりませんので物理的な鍵を鍵穴に挿して使うことができます。

スマホでも従来の鍵でもどちらでも開けられるのがスマートロックの特徴の一つです。

スマートロック本体の電池はどれくらいもちますか?

各製品によって多少違いがあるのと、ドアの開け閉めの回数によって違いが出てきますが、概ねとのスマートロックでも1年から2年は電池が持つ想定で設計されています。

スマートロックに使う電池の種類は特殊な電池を使うんですか?

今回紹介したスマートロックは、Amazon やコンビニで手に入る標準的なCR123Aという規格の小さな乾電池を使用しています。

もし、 外出時にスマホの充電がなくなった時に鍵を開けることはできますか?

スマホの充電がなくなった場合は、従来の物理的な鍵で鍵を開けることが可能です。

もしくは、ご友人やご近所の方のスマホでアプリをダウンロードしてもらい、ご自身のアカウントでログインして鍵にアクセスすることもてきます。その場合、お借りしたスマホではログアウトまたはアプリを削除することを忘れずに対応しましょう。

賃貸物件の玄関が引き戸なんだけどスマートロックは取付できますか?

一般的な開き戸の場合、ほとんどの鍵に今回紹介したスマートロックは 対応していますが、 引き戸の場合、 後付スマートロックが設置できる引き戸と、設置できない引き戸があります。

引き戸対応のスマートロックに関して詳しい情報は以下の記事にまとめていますので是非合わせてご覧ください。

引き戸対応の後付けスマートロックはあるのか調べました【結論: サムターンがあればスマートロック取付可能】

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回紹介したスマートロックであれば簡単に取り付けと取り外しができるので、 賃貸物件を引っ越したとしても、 引っ越し先の賃貸物件にスマートロックを持って行って継続して使用することもできますね。

 

スマートロックのメリットやデメリット、賃貸物件に限らずおすすめなスマートロックを紹介しています。

【2019年版】スマートロックおすすめ比較厳選3選!スマートロックでスマホが家の鍵になる

 

今回の記事にも紹介した「セサミミニ」を実際に使った体験レビューです。

【セサミminiスマートロックレビュー】スマホが家の鍵になるコスパ最強でおすすめな選択肢

 

自転車専用スマートロックの情報もまとめてあります。

【自転車専用スマートロック】日本で買えるおすすめ比較4選!スマホが自転車の鍵になります

 

窓の防犯対策として、窓専用のスマートロックもあります。

【窓の防犯対策】窓専用スマートロックのおすすめサービス・商品を紹介します【窓閉めたっけ?の不安を解決】

 

以上、「賃貸物件の鍵に取付可能なスマートロックおすすめ厳選2選【後付けで簡単に取付&外せるから安心】」でした!

それではまた。