本を読みたいのになかなか時間がとれない人におすすめ!ビジネス書1冊10分で読める書籍の要約サービス「flier(フライヤー)」がかなり便利!

最近利用をはじめた、本の要約サービス「flier(フライヤー)」がとても便利だったので、今回ご紹介したいと思います。

 

私は普段、1週間に1〜2冊程度のペースでビジネス書を読んでいるんですが、次から次へと読みたい本を買ってしまい(読書は費用対効果が高いと思っていて本の購入にほとんど躊躇しないのもあり)、本を読むスピードに対して本を買うスピードの方が早く・・、未読の本が日々増えていってしまっている状況(いわゆる積読・・)をなんとか解決したいと思って探したサービスです。

 

そこで見つけたのが、

ビジネス書1冊10分で読める書籍の要約サービス「flier(フライヤー)

 

ビジネス書好きで、たくさん読んでたくさん情報を得たいのになかなか本を読む時間がとれない、積読の本が増えていってしまう(読むスピードより買うスピードの方が早い)人には、かなりおすすめのサービスです。

 

本を買うには、たまに書店で買うことがあるくらいで、ほとんどはAmazonなどネットで購入しています。

書店であれば、気になる本を手にとって、パラパラと目次や気になる箇所を立ち読みして、おもしろそうだと思えば買うし、微妙であれば買うのをやめておくことができますが、ネット上だとそうはいきません。

たいていの場合は、本の紹介文、レビューなどの評判を参考に購入を決めます。

すると、当然ですが、ハズレの本を買ってしまうことも少なくありません。

 

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、この私の2つの悩みをズバッと解決してくれました。

・未読の本が日々増えていってしまっている(もっと効率よくたくさんの本から情報を得たい)

・ハズレの本をなるべく買いたくない(もっと効率よく良質な本から情報を得たい)

 

ビジネス書は小説に比べてじっくり楽しみたいというよりは、効率よく早く学びたい、良質な情報に触れたい気持ちが強いです。

超読みたい本はすぐ買うけど、ちょっと気になるくらいの本は、まず「flier(フライヤー)」で要約を読んでから買うかどうか決めることができるようになりました。

 

今回は、サービスの概要も紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

こんな人におすすめ!本の要約サービス「flier(フライヤー)」

以下のような悩みがある人には特におすすめです。

  • 日々いそがしくて、なかなか本を読む時間がない!
  • たくさんの本を読みたいけど、時間が全然足りない!
  • どの本が自分に合っているかわからない!
  • 書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない!
  • 立ち読みや書評だけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない!

 

ビジネスパーソン、主婦、学生、など、

日々いそがしくて本を読む時間がなかなかとれない人はたくさんいると思いますが、

ビジネス書一冊あたり10分で読める「flier(フライヤー)」を活用すれば、非常に効率よく情報を得ることができます。

 

ビジネス書を一冊普通に読んだら数時間かかる人が多いと思います。

ビジネス書というのは本当に大事な内容は全体の10%、数%とよく言われますが、要点だけ得ようと10冊読もうとしても、1時間以内に10冊のビジネス書の要点をつかむのは非常に難しいでしょう。

 

それが、「flier(フライヤー)」の要約であれば、ビジネス書10冊分の要約を読んでも10分×10冊=100分、2時間以内に10冊のビジネス書の要点をつかむことができます。

実際には、数分で要約を読めることがほとんどなので、1時間あれば10冊分読めると思います。

 

要は、時間を効率的に使えるということ。

要約を読んで深く読み込みたい本は買ってじっくり読むのもよいですし、要約で効率よく作れた時間を使って本を読んだりその他の情報収集に時間を使うのもよいでしょう。

 

ちなみに、「flier(フライヤー)」の法人向けプランは、リクルート、インテリジェンス、野村證券、SMBC日興証券、三井住友海上、ソフトバンク、サイバーエージェント・・・など多数の大企業で福利厚生として活用されているとのことです。

ビジネス書好きにはたまらない福利厚生ですね。

アメリカのビジネスパーソンに類似のビジネス書要約サービスは人気という話もありますし、ビジネス書の要約サービスが、忙しいビジネスパーソンが効率よく情報収集するには最適なサービスと言えるのも頷けます。

「flier(フライヤー)」の4つの特徴

①一冊あたり10分で読める要約

すべての本が、通勤途中や休憩時間などのスキマ時間に読める分量と、概要を把握できる最小限の分量の最適解(=10分)で読むことができます。

②毎月30冊追加される厳選された「いま読むべき本」

毎月30冊前後の本が追加されます。

ビジネス書だけでなく、リベラルアーツ(教養)も含めた「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を厳選しています。

③プロの専門ライターによる高品質の要約

プロの専門ライターによる要約ですので、あたりまえですが読みやすい要約です。

経験豊富な専門ライターが要約を作成、出版社で編集経験のあるメンバーによる品質チェックを経て、出版社・著者の許可を得たものだけを公開しているとのこと。

スマートフォンで見る要約は以下のようなかんじです。

④いつでもどこでも読める!スマホで読みやすい!

PC・スマホ・タブレット端末に対応していて、通勤時間や休憩の合間など、いつでもどこでも1冊10分程度で本の内容を味わうことができます。

文字の大きさを4段階で変更できたりと、自分が読みやすいようにアレンジも可能です。

「flier(フライヤー)」の料金プラン

flier(フライヤー)」には3つのプランがあります。

■ゴールドプラン:月額2,000円で、すべてのコンテンツが読み放題

■シルバープラン:月額500円で、すべてのコンテンツのなかから月5冊まで読めます

■フリープラン:無料(要会員登録)で、サンプルの要約記事が読めます

 

無料のフリープランで、サンプルの要約が読めるので、まずはサンプルを読んでみて、使える!と思ったら有料プランに切り替えるのがおすすめです。

 

無料のサンプルでも最近話題になった本がたくさん読めます。

以下はすべて無料サンプルで読める本です。

どうでしょう。

意外に無料でもちゃんとした本が読めると思いませんでしたか?私はそう思いました。笑

ホリエモンの「多動力」から「サピエンス全史」「ライフシフト」といった最近話題の本から、「7つの習慣」「人を動かす」といった名著まで揃っています。

 

ちなみに、要約はサクッと10分以内の数分で読めてしまうので、シルバープランの毎月5冊までだと、ビジネス書好きな人には、かなり物足りないと感じる方が多いのではないかと思います。

すべて読み放題のゴールドプランでもビジネス書1〜2冊を買うのと同じくらいの金額で毎月30冊の最新ビジネス書の要約が読めるので費用対効果は良いと思うので、断然おすすめです。

有料プランで読めるラインナップの本はこんなかんじ

週間の閲覧ランキングのラインナップはこちらです。

なかなかセンスのよいラインナップ。私も実際に購入している本がいくつも含まれています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

無料で試しにサンプルの要約が読めるので、気になる方はぜひお試しを。

flier(フライヤー)

 

以上、「本を読みたいのになかなか時間がとれない人におすすめ!ビジネス書1冊10分で読める書籍の要約サービス「flier(フライヤー)」がかなり便利!」でした!

それではまた!