生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【最新版】ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のキャンペーンコード・評判を徹底解説!

近年ではふるさと納税が手軽にできるシステムが増え、お得になるのであればと活用している家庭も増えてきています。

そんなふるさと納税の窓口として日本最大級のふるさとチョイスは、テレビやインターネットで目にする機会も多いため、利用してみたいと考えている方も多いかもしれません。

 

ふるさとチョイスで、会員登録やふるさと納税を行う際には、キャンペーンコードなどは利用できるのでしょうか?

今回は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のキャンペーンコードについて調査した結果を紹介します。

加えて、「ふるさとチョイス」の評判、メリット、デメリットについても解説します。

ふるさとチョイスのキャンペーンコードについて

ふるさとチョイスには現在キャンペーンコードを使ったキャンペーンはない

ふるさとチョイスにはキャンペーンコードの入力欄があるページがある場合があります。

通常キャンペーンコードは利用すると値引きがあったり、ポイントをもらえたりするものが多いですが、ふるさとチョイスの場合はどうなのでしょうか。

 

実は、ふるさとチョイスには現在キャンペーンコードはほとんどありません。

通常の会員登録の際に使えるものはなく、会員登録後に応募できるキャンペーンにも、キャンペーンコードはありません。

 

以前は、キャンペーンコードを利用して申し込むタイプのキャンペーンがありましたが、キャンペーンのページにキャンペーンコードが記載してあり、そのまま入力するだけのものでした。

また、自治体からのメールにキャンペーンコードが記載されているものもあったようです。

そのため、他のサイトのように新聞やチラシに記載してあったり、すでに会員登録している人に紹介してもらって発行するタイプのキャンペーンコードはありません。

 

現時点ではキャンペーンコードを使うキャンペーンは実施されていません。

しかし、今後、キャンペーンコードを使うキャンペーンが行われる可能性は十分ありますので、サイト利用前にキャンペーンページをチェックすることをおすすめします。

 

ふるさとチョイス公式サイトのキャンペーンページ:https://www.furusato-tax.jp/feature/index?header

ふるさとチョイスにキャンペーンはあるのか?

とはいえ、ふるさとチョイスにはキャンペーンがないというわけではありません。

ふるさとチョイスのキャンペーンには大きく分けて、

・会員登録時

・寄付時

・返礼品の感想投稿時に応募する

3つのタイプがあります。

 

これらのキャンペーンにはキャンペーンコードの入力は必要ありません。

つまり、ふるさとチョイスのキャンペーンに参加するには、キャンペーンコードは必要なくキャンペーンに参加ができる仕組みになっています。

 

また、キャンペーンの景品は返礼品に関係する商品などがほとんどで、ポイントやギフト券などはないようです。

ふるさとチョイス自体のキャンペーンではなく、決済方法によるキャンペーンが開催されている場合もあります。

ふるさと納税には自己負担額が必要になるので、その支払いはクレジットカードやネットバンク、納付書での現金払いなどで行います。

特定の決済方法を使用した場合に、ポイントなどがもらえるキャンペーンが行われている場合もありますのでチェックしてみてください。

 

ふるさとチョイス公式サイトのキャンペーンページ:https://www.furusato-tax.jp/feature/index?header

ふるさとチョイスの評判・口コミ・レビューをまとめてみました

ふるさとチョイスのポジティブな評判・口コミ・レビュー

ふるさとチョイスのネガティブな評判・口コミ・レビュー

https://twitter.com/hisan0705/status/1214220049461809152

Q.ふるさと納税をするには「ふるさとチョイス」というサイトからやれば良いのでしょうか?

A.はい、「ふるさとチョイス」で良いです。

ふるさと納税仲介サイトは、他にも有りますが、「ふるさとチョイス」が定番です。

私自身、それを使って、ここ数年、ふるさと納税を行っていますが、オススメして良いと思います。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14212983194?__ysp=44G144KL44GV44Go44OB44On44Kk44K5

Q.ふるさと納税でおすすめのもの自治体を教えてください。

A.ふるさとチョイスというポータルサイトに一覧があります。

またあたらしくさとふるというポータルサイトが現在5つに自治体限定で紹介されています。

こちらは10月31日にオープンして、60日間オープニングキャンペーン開催中です。

ソフトバンクの孫さんのアイデアだったと何かで読みました。

好みの物がないかさがしてみてください。

金額別・特産品別で探せます。

変わり種は鈴虫などの生き物セットがありましたwww

降雹被害支援目的で、特産品が雹被害にあった売り物になりにくい凹んだりんごという自治体があります。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14137890289?__ysp=44G144KL44GV44Go44OB44On44Kk44K544CA44Kt44Oj44Oz44Oa44O844Oz

Q.ふるさと納税についての質問です。 一番得する納税先はどこですか?(米とか肉とか魚とか野菜とか・・・)

A.大体どこも似たり寄ったり…

米なら5千円で5kgがほとんど。1万円で10kg。

でもお米価格が高いものだと2kgの事もあります。

価格的にはどっちが得かわかりません。

量だけなら、1万円で15kgのところと、2万円で45kgのところがありますが、

私は置き場所にも困るので1万円にしました。

ふるさとチョイスというポータルサイトにランキングがあるので検索してみてください。

さとふるというソフトバンク系列のサイトが新しくオープンしてオープンセールで抽選で特産品がさらにもらえるというキャンペーンをしています。

こちらは提携している自治体の数がまだ少ないです。

自分が欲しいと思うもので検索してみるといいと思います。

降雹被害の支援で1万円の寄付で、ちょっと凹んだリンゴ20kgというところもあって、納税しました。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14138214054?__ysp=44G144KL44GV44Go44OB44On44Kk44K544CA44Kt44Oj44Oz44Oa44O844Oz

ふるさとチョイスとは

画像出典:https://www.furusato-tax.jp/

ふるさとチョイスは、ふるさと納税総合サイトです。

ワンステップ特例制度が利用でき、簡単にふるさと納税を行うことができます。

返礼品や寄付できる自治体の数が多く、寄付額も多い人気サイトです。

ふるさとチョイスの特徴・メリット・デメリットについて

ふるさとチョイスの特徴は、Webからだけではなく、電話や有楽町のふるさとチョイスCaféなどからの申し込みも可能なことです。

寄付だけでなく、地域の人と寄付者が交流できるイベントなども行っています。

 

ふるさとチョイスのメリットはなんといっても返礼品の掲載数です。

22万件超えという中から、ランキングや自治体の寄付金の使い道などをみて選ぶことが可能です。

また、ふるさとチョイスでは手数料を低く設定することにより、同じ返礼品でも他のサイトよりも少ない寄付額で申し込める場合もあります。

 

ふるさとチョイスのデメリットとしては、ポイントやギフト券などの還元がないことです。

しかしながら、返礼品がもらえれば良いという人には特にデメリットにはならないでしょう。

また、返礼品の到着まで2~3ヶ月かかるなど、早いほうではないようです。

ふるさとチョイスのキャンペーンコード情報まとめ

少しの負担金で返礼品を受け取れ、応援したい自治体に寄付ができるふるさと納税は、ふるさとチョイスなどの便利なサイトを利用して行うのがおすすめです。

ふるさとチョイスにはキャンペーンコードを利用したキャンペーンは現在ありませんが、それ以外のお得なキャンペーンは定期的に行っているようなので、ぜひ利用してみてください。

 

今回紹介した「ふるさとチョイス」と人気を分けるふるさと納税サイト「さとふる」のキャンペーンコードに関する情報をまとめた記事も合わせてご覧ください。

【最新版】ふるさと納税サイト「さとふる」のキャンペーンコード・評判を徹底解説!

 

以上、「【最新版】ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のキャンペーンコード・評判を徹底解説!」でした。それではまた。