生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【Hotspot Shield VPN徹底解説】使い方・評判・料金について詳しく解説します

今回の記事では、VPNサービス「Hotspot Shield」について、使い方・評判・料金を詳しく解説します。

 

「無料の公共Wi-Fiを使いたいけど、セキュリティが心配」

「海外旅行先から日本のウェブサイトにアクセスするとブロックされてしまう」

「日本からアクセスできないウェブサイトやサービスにアクセスしたい」

今回紹介する「Hotspot Shield」というVPNを使えば、これらの悩みを解決することができます。

そもそもVPNとは?

VPNとは、「VPN(Virtual Private Network)」バーチャルプライベートネットワークのことです。

通常、私達がインターネットを使うと、IPアドレス、アクセス場所や履歴といった情報が残ります。

また国によってはこれらの情報が追跡されたり監視されたりし、匿名性があるとはいえるものではありません。

 

そこで、VPNを利用することによって情報が暗号化され、監視組織に対抗することができるようになります。

また世界中のどこからでも制限されたWebサイトやアプリを使用することが可能になります。

 

VPNについて、情報セキュリティの公的機関である「情報処理推進機構」ウェブサイトからの引用も記載しておきます。

リモートアクセスでは、外部から社内の重要なデータの送受信をインターネットや公衆回線網を通じて行うため盗聴や改ざん等のセキュリティ上の問題を抱えることになります。

そこで、データを送出する前にデータを暗号化して特定のユーザにしか識別できない認証方法を加えて送り、また受信側でそのデータの復号や認証を行って、目的のホストに届けるようにすれば、セキュリティを確保することが可能になります。

暗号化、認証、ヘッダー交換などの技術を用いて、ある特定のユーザだけしかアクセスできないようにしておけば、インターネットや公衆回線網を使っても、専用線接続と同じようなセキュリティを保つことができます。

この技術をVPN(私設仮想回線)と呼びます。

また、VPNを構築するために、グローバルなネットワークに特定のユーザしか認識できない仮想の通信路を設けて通信する方式を「トンネリング」と呼んでいます。
トンネリングとは、実際に通信したいデータパケットをカプセル化し、その内容を第三者が見ても判別することをできなくすることにより、セキュリティを高める技術です。

引用:情報処理推進機構ウェブサイトhttps://www.ipa.go.jp/security/awareness/administrator/remote/capter7/1.html

 

VPNのサービスを提供している業者はいくつかありますが、その中でも今回はHotspot Shieldについて説明していきたいと思います。

Hotspot Shieldとは?効果的な使い方は?

画像出典:https://www.hotspotshield.com/ja/

Hotspot Shield VPNとは?

・6億人の世界中のユーザーが使用

・世界最大級のセキュリティ企業、70%が採用

・7日間の無料トライアルが用意されている

・日本語化がされていませんが、設定は簡単

以上のことから、VPN初心者向けであり、使いやすいサービスだと実感し多くの人が利用しているサービスだということを数字からも見てとることができます。

Hotspot Shield VPNの効果的な使い方例は?

・外国のIPアドレスに変換して、Google Playストアの外国版にアクセスしダウンロードが可能

・動画ストリーミングサービスで、日本では未公開作品の視聴が可能になる

・公共の無料Wifiを安全に使用

など、主にインターネット接続の「安全性を高める」「制限を回避」と2つの効果があります。

Hotspot Shield VPNの安全性は?特徴・メリットを紹介

Hotspot Shield VPNの大きな特徴としては

・PCWorldが選ぶ”ダントツで速いVPN”に選ばれている

・アプリを開き1クリックで接続が可能

という点があげられます。

 

Hotspot Shield VPNの安全性ですが、

◇Webサイトのブロック解除:YouTube、Facebook、Twitterの閲覧が可能になります。また校内、図書館、オフィスにおけるアクセス制限を解除することが可能。

◇IPアドレスの隠匿:Hotspot Shieldを有効することによって、米国のIPアドレスを新規に取得し匿名で利用することが可能。

といったように、特に問題はないようです。

Hotspot Shield VPN価格・料金プラン

Hotspot Shield VPNは、無料で7日間の利用が可能です。

 

Hotspot Shield VPNの有料版では、

月契約の場合:月額1,400円

1年契約の場合:月額800円(1年間で9,600円)

3年契約の場合:月額300円(3年間で10,800円)

 

となっており、3年契約だと約79%オフと1番お得に設定されています。

また、45日間の返金保証がついており、ノーリスクで試してみることができます。

Hotspot Shield VPNが使える環境は?

Hotspot Shield VPNは、Mac、Windows、iPhone/iPad、Androidデバイスで使用が可能です。

1つのアカウントで使用できるデバイスの数は?

Hotspot Shield VPNは、1つのHotspot Shieldアカウントで5デバイスまで使用可能です。

Hotspot Shield VPNのネット上の評判・口コミ・レビュー

ポジティブなHotspot Shield VPNの評判・口コミ・レビュー

実際に日本でもこのようにHotspot Shieldを使って動画を楽しんでいる人がいるようです。

ネガティブなHotspot Shield VPNの評判・口コミ・レビュー

インストールをすることによって、Kaspersky(カスペルスキー)とBitdefender(ビットディフェンダー)という有名セキュリティソフトが付属してしまうそうです。

セキュアコネクションを有効化しなければよいそうですので、最初は安易に設定を変更するのでなく、よく調べてから導入した方がよいかもしれません。

Hotspot Shield VPNに関するよくある疑問

Hotspot Shield VPNについて、ここでいくつか公式サイトに多く寄せられた質問を見ていきましょう。

Q. Hotspot Shield VPNの推奨環境は?

Windows:Windows 7以降

Mac:Mac OS 10.12「Sierra 」 以降

iOS:iOS 10.1以降

Android:Android 5.0「Lollipop」以降

Q. Hotspot Shield VPNにはデータ帯域幅の使用制限がありますか?

無料のユーザーのみが帯域幅の使用制限があります。有料会員の場合、帯域幅は無制限です。

Q. 広告が表示されるのはなぜですか?

無料版だと広告が表示されます。有料版だと広告が消せます。

Hotspot Shield VPNのまとめ

Hotspot Shield VPNは世界中で多くの人が使用しているVPNです。

「検閲のかかったサイトのブロック解除」と「プライバシー保護」を目的としている初心者にとっては、最適なサービスといえるでしょう。

 

以上、「【Hotspot Shield VPN徹底解説】使い方・評判・料金について詳しく解説します」でした。それではまた。