生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

「Google Workspace」が政府調達の安全なクラウドサービスとされる「ISMAPクラウドサービスリスト」に選ばれました

2021年3月12日に公開された、日本政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスを予め評価・登録する「ISMAPクラウドサービスリスト」に、当ブログで度々紹介しているGoogleのクラウドサービス「Google Workspace」が選ばれました。

「ISMAPクラウドサービスリスト」は、情報処理推進機構(IPA)が政府が利用する民間のクラウドサービスに対して、セキュリティ要求を満たしているかを予め評価しておくことで、円滑にクラウドサービスを導入できるようにするもの。

今後、日本政府が調達するクラウドサービスは、今回発表された「ISMAPクラウドサービスリスト」(四半期ごとにリストは更新)に掲載されているクラウドサービスの中から調達を行うことを原則とするとのことで、

「Google Workspace」のセキュリティに日本政府のお墨付きが得られたと捉えることができるでしょう。

「ISMAPクラウドサービスリスト」2021年3月12日時点

ISMAPクラウドサービスリスト」は、2020年10月からクラウドサービスの登録申請・審査が行われ、2021年3月12日に公開された10個のクラウドサービスをスタートとして、今後は四半期ごとにリストを更新されます。


サービス名

事業者名
OpenCanvas(IaaS) 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
(法人番号9010601021385)
FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud 富士通株式会社
(法人番号1020001071491)
Apigee Edge Google LLC
(法人番号3700150072195)
Google Cloud Platform Google LLC
(法人番号3700150072195)
Google Workspace Google LLC
(法人番号3700150072195)
Salesforce Services 株式会社セールスフォース・ドットコム
(法人番号4010401076766)
Heroku Services 株式会社セールスフォース・ドットコム
(法人番号4010401076766)
Amazon Web Services Amazon Web Services,Inc.
NEC Cloud laaS 日本電気株式会社
(法人番号7010401022916)
KDDIクラウドプラットフォームサービス KDDI株式会社
(法人番号9011101031552)

関連リンク

ISMAPクラウドサービスリスト

おわりに

当ブログでは、複数の記事で「Google Workspace」について紹介しています。

ぜひ当記事と合わせてご覧ください。

Google Workspaceとは?各プランの機能紹介・導入メリット・無料Googleサービスとの違いを解説

Google Workspaceの料金プラン比較・Business Starter・Standard・Plusどれがおすすめ?

【最新版】「Google Workspace」(旧 G Suite)の10%割引クーポン(プロモーションコード)を無料でご紹介しています

 

以上、「」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です