生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

リモートワーク・在宅勤務を導入する会社におすすめのクラウド経費精算「楽楽精算」を徹底解説

Sponsor Content by 楽楽精算

 

2020年に入り、新型ウイルス感染拡大の影響を受けて、リモートワーク・在宅勤務を導入する会社が急速に増えています。

新型ウイルスの感染拡大を防止するためには、できるだけ人が集まる場所での感染を減らすことが重要です。

通勤ラッシュや街中の人混み、オフィスでの人と人の接触を回避して、在宅勤務も可能となるリモートワーク・テレワークは、その有効な対策の一つ

総務省からも2020年2月25日に新型ウイルス感染症対策としてのリモートワーク・テレワークの積極的な活用をするように依頼がありました。(総務省サイト参考リンク

 

リモートワーク・在宅勤務の導入によって、オフィスに出社しない人が増えるため、今まで以上にシステムの合理化や電子化が必要になってきています。

そのうちの一つが「経費精算システム」です。

 

企業活動において、経費精算の業務は必要不可欠です。

リモートワーク、在宅勤務に合わせて、経費精算の申請や処理もネット上(クラウド上)で完結する電子化の必要があります。

 

インターネットにつながっているパソコンやスマホから会社の経費精算が可能になれば、リモートワークや在宅勤務をしていても、問題なく経費精算が可能になります。

そのような環境を実現するサービスが今回紹介するクラウド型経費精算システムの「楽楽精算」です。

 

従来の経費精算方法では、領収書や申請書を直接経理に提出しなければならず、すぐに申請できなかったり申請のために出社しなければいけないなどのデメリットが多数ありますよね。

今回紹介するクラウド型経費精算システム「楽楽精算」を導入することによって、どのようなメリットが生まれるか詳細に解説していきます。

なぜ、リモートワーク・在宅勤務の導入にクラウド型経費精算が必要なのか?

企業がリモートワーク・在宅勤務の導入する際に重要な点は、

「いかに職場と同じ環境を会社外で整えられるか」

です。

 

下の画像は、総務省ウェブサイトでリモートワーク推進に関する資料の中に記載があるテレワークツールの運用事例です。

会議にしろ、管理業務にしろ、「インターネットが使える環境」+「クラウド型サービス」があれば、職場と同じ環境を実現できることがわかります。

remotework

画像出典:https://www.soumu.go.jp/main_content/000616262.pdf

 

経費精算においても、オフィス勤務であれば経費担当者に書類で提出、または、会社のパソコンにインストールされている経費精算ソフトに入力、といった業務で済んでいたことが、社外の在宅勤務やリモートワークとなると、必然的に経費精算業務の改善が必要になってきます。

要は、インターネットに繋がっている環境で、安全に、経費精算業務が行えるクラウド型の経費精算システムが必要になってくるわけです。

昨今の流れ的に経費精算システムは「クラウド型」が主流です

ここまで紹介してきたように、リモートワークや在宅勤務を導入する場合は、「クラウド型」の経費精算システム一択になるわけですが、

そもそも、リモートワークや在宅勤務関係なく、効率的に経費精算が実施できるという点で、ここ数年、経費精算システム業界においては、「クラウド型」が主流となってきています。

 

経費精算システムには、昔から使われてきているパソコンにソフトをインストールする「パッケージ型」と、インターネットに繋がっていればブラウザ上で動作してインストール不要な「クラウド型」の2種類に分かれます。

料金体系も大きく違っていて、パッケージ型はおおよそ数万円の購入費用がかかる買い切り型。

クラウド型は、月額〇〇円といった最近では当たり前になってきている月額課金のサブスクリプション型です。

 

「うちの会社はパソコンにインストールされた経費精算ソフトにいつも入力してるけど」

「他の会社はパッケージ型、クラウド型、どっちをみんな使ってるのか」

などの疑問には、以下の総務省発表のデータがわかりやすいです。

crowdservice
crowdservice2

画像出典:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd232140.html

このデータは、経費精算だけでなく、クラウドサービス全般の利用状況推移になりますが、新型ウイルス関係なく、ここ数年で「クラウド型(SaaS)」は右肩上がりに導入する企業が増えていることがわかります。

 

この市場環境の中、今回の新型ウイルスによるリモートワーク・在宅勤務の急増の影響を考慮すれば、2020年以降は爆発的に「クラウド型(SaaS)」の経費精算システムを導入する会社が増えることが予想されます。

 

「クラウド型(SaaS)」の経費精算システムを導入する会社が増えていることには、ちゃんと理由があります。

詰まるところ、パッケージ型経費精算システムと比べて、クラウド型経費精算システムの方が「便利で効率的だから」です。

 

ここから、今回おすすめのクラウド型経費精算システム「楽楽精算」について、詳しく解説していきます。

クラウド型経費精算システム「楽楽精算」とは?


クラウド型経費精算システムの楽楽精算とは

楽楽精算」とは、株式会社ラクスが提供しているクラウド型経費精算システムです。

従来の紙やエクセルなどで行われていた経費や交通費などの処理を一元化し、経費精算業務を効率化することが可能になります。

通常の働き方はもちろん、リモートワークをする社員との相性が非常にシステムです。

楽楽精算でできること

楽楽精算では、交通費や出張費・旅費、交際費、その他の経費の申請、承認、経理作業がすべてインターネット上で可能です。

申請された経費はあらかじめ設定したフローによって承認者への振り分けられます。

データは自動的に仕訳けされるのはもちろん、会計ソフトへの連携や振込データの作成までできるので、経理の手間がかなり削減されます。

クラウド上での操作が可能なため時と場所を選ばず、リモートワークを行う社員や出張中の社員でも迅速な手続きができるようになります。

マスタデータの取り込みが可能で、初期設定の手間も少なく済みます。


経費精算の業務に「楽楽精算」を使うメリットは?

リモートワーカー、在宅勤務者へのメリットがたくさん!

入力・申請が簡単になる

紙ベースでのやり取りの場合、経費として申請する領収書を保管しておき、申請書に記入した上で承認者に承認を得て経理担当者に提出する必要があります。

楽楽精算を使用する場合は、専用アプリを使って領収書を撮影することで自動的にデータ化され、交通系ICカードやクレジットカードの利用分は手入力が必要ないなど、圧倒的に手間が少なくなります。

いつでもどこでもスピーディーな申請が可能

さらにそれらの申請はクラウド上で行うことができるため、自宅や出張先からでも申請が可能で、よりスピーディーになります。

申請のために出社しなければならない、承認者や経理担当者と予定を合わせなければいけないというようなことがないため、リモートワーカーにとってのメリットが大きいシステムです。

またパソコンだけでなくタブレットやスマートフォンからでも申請が可能なため、いつでもどこでも経費の手続きができます。

楽楽精算での経費精算の際にわからないことがあった場合は、チャットボットの利用がおすすめです。

チャットボットにはあらかじめ社内で経理担当者に寄せられる質問とその回答を設定しておくことができ、登録されている内容であれば即座に回答を得ることができるため、経理担当者に質問をするよりも早く対応してもらうことができます。

社外で業務を行うリモートワーカーにとっては、いつでも質問に回答してもらえるという点で重宝する機能です。

経費精算を処理する経理担当者のメリットもたくさん!

ミスの減少と効率化

楽楽精算の導入によって経理担当が得られるメリットは、何といってもミスの減少と業務の効率化です。

申請者の入力ミスが減少することによって、チェックや差し戻しの依頼など、経理担当の負担を減らすことができます。

さらに項目ごとに勘定科目を設定しておくことで、申請の際に入力された情報に基づいて自動仕訳が行われるため、仕訳の手間やミスが軽減されます。

楽楽精算はカスタマイズ性の高さが魅力の一つで、規定やフロー、入力フォーマット、予算などを柔軟に設定して運用することができます。

規定に違反している申請は受け付けない、または警告を出すというような設定にしておけば、差し戻しやチェックの手間と余計な時間を削減することができますし、条件によって承認者が変わる場合もフローの設定を行えば間違いなく承認が行われます。

精算以外の嬉しい機能も

合わせて通知やアラート機能を利用することで、申請者や承認者に対していちいち期限の声掛けや催促をしなくてもよくなり、リモートワークをしていたり出張中で社内にいない社員がいても、業務が滞ってしまうということがありません。

他にも会計ソフトに合わせたデータ出力や、銀行振込データの出力が可能なため、業務の効率化を図ることが可能です。

楽楽精算を導入する会社のメリットも期待大!

コスト削減効果が高い

楽楽精算を導入することによる会社のメリットは、主にコストの削減・働き方改革の実現・経費の明確化です。

精算業務が効率化されることにより、経理担当はもちろん全社員の精算業務にかける時間が減るため残業を削減でき、その分のコスト削減・働き方の改善が可能になります。

出社しなくても経費の申請や承認が行えるようになれば、リモートワークの推進もしやすくなります。

経理管理機能もあり会社の経費など金銭関係のデータを整理しやすくなり、分析などで必要になった時に必要なデータをすぐに取り出すことができます。

今までのやり方は変えなくてもOK

その他にも、申請から承認までのフローの設定は柔軟に行うことができ、今までの運用ルールを変えずに使えるだけでなく、よりルールを遵守させることによる内部統制強化にもなります。

現在紙ベースでの経費精算を行っている会社の場合、ペーパーレス化によって経費節減とともに環境への貢献も可能です。


楽楽精算の導入事例・評判・口コミをまとめました。

楽楽精算の導入事例

楽楽精算の公式ページで紹介されている導入事例にはどのようなものがあるか調べてみました。

大手の企業でも導入されており、安心感がありますね。

株式会社アルク教育社: https://www.rakurakuseisan.jp/casestudies/casestudies_alc.php

菊正宗: https://www.rakurakuseisan.jp/casestudies/casestudies_kikumasamune.php

毎日新聞: https://www.rakurakuseisan.jp/casestudies/casestudies_mainichi.php

楽楽精算はリモートワーク・在宅勤務にぴったり

楽楽精算とリモートワーク・在宅勤務の親和性が高い理由

楽楽精算はクラウド上でのやり取りによって、いつでもどこでも経費精算関係の手続きを可能にしています。

パソコンやタブレット、スマートフォンとデバイスを選ばず、リモートワーク・在宅勤務中で社内との環境が違っても問題がありません。

問い合わせはチャットボットを使えば即座に回答を得ることができ、経理担当者と対面で話したり、回答を待つ必要がありません。

リモートワーク・在宅勤務をすることによって普段の経費精算と比べて不便になるということがないのが楽楽精算の魅力です。

「楽楽精算」以外のクラウド型経費精算サービス一覧

今回はクラウド型経費精算サービスとして、「楽楽精算」を紹介しましたが、当然ながら楽楽精算以外にもクラウド型経費精算サービスはたくさんあります。

各サービスを比較検討して、導入を検討すると良いと思います。

「Concur Expense」」
公式サイト:https://www.concur.co.jp/

「マネーフォワード クラウド経費」
公式サイト:https://biz.moneyforward.com/expense

「Dr.経費精算」
公式サイト:https://www.keihi.com/

「ジョブカン経費精算」
公式サイト: https://jobcan.ne.jp/

「eKeihi Cloud」
公式サイト: https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

「MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算」
公式サイト:http://pnets.panasonic.co.jp/mf/major-flow-z-cloud/

「トラベラーズワン(SaaS)」
公式サイト: https://www.hitachi-systems.com/ind/travelerswan/

「ECOAS 経費・旅費精算(SaaS)」
公式サイト: https://www.alsi.co.jp/industry/ecoas-expense/

リモートワーク・在宅勤務におすすめクラウド経費精算「楽楽精算」まとめ

楽楽精算は経理担当者やリモートワーカーはもちろん、経営陣を含めた全社員にとってメリットの大きいシステムです。

導入のコストや手間と比べてコストの削減などの効果が高く、コストパフォーマンスの面でも優秀です。

類型導入者数日本一であり、有名企業の導入事例も多く、安心して利用できるという点でもおすすめです。

 

サービス内容の詳細、申し込みは、公式サイトをご確認ください。

「楽楽精算」公式サイト

 

以上、「リモートワーク・在宅勤務を導入する会社におすすめのクラウド経費精算「楽楽精算」を徹底解説」でした。それではまた。