生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【徹底解説】今話題のオンライン会議ツール「Zoom」競合サービスとの比較も

新型コロナウイルス感染拡大防止策の一つとして、政府や自治体がテレワーク実施を要請したことを受け、多くの企業が在宅ワークへと切り替えています。

そこで、必要となってくるのがリモートで「会議」や「打合せ」を行うツールです。

このような状況下で一気に知名度が上がったのが「Zoom」です。

 

2019年12月では1日当たりのユーザー数は1000万人余りでしたが、2020年3月には約2億人にまで増えたというから驚きです。

今現在、急な在宅ワークをすることになり、会議や打ち合わせツールを探している方も多いのではないでしょうか?

今回は、ブームとなった「Zoom」について調べてみました。

Zoomとは?なぜ人気?

人気の理由を、Zoomの特徴から検証しました。

画像出典:Zoom公式サイト https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

ワンクリックで接続できる

他のサービスだとアカウントが必要になり、持っていない場合はアカウントを作成してもらうところから始めなければなりません。

また、お互いの「ID」が必要だったりして教え合うというような会議をスタートさせる前に、しなくてはならない作業が発生します。

Zoomには、この面倒な作業がありません。

登録やアカウント作成などしなくても、会議主催者から送られてきたURLをクリックするだけで接続できるのです。

初めてZoomを利用する人にも安心して会議参加することができます。

操作が簡単

録画や録音もワンクリックでできるなど、操作に不安な人にも安心です。

録画ツールやソフトなどを使って録画するのが今までは当たり前でした。

そのため、録画している人の接続が切れてしまうと録画は失敗…などということがよくありました。

そもそも、録画するツールを持っていなければ録画はできません。

Zoomの場合、有料プランには録画モードが2種類あります。

  • 「ローカルレコーディング」 会議参加者それぞれのデバイスに録画保存
  • 「クラウドレコーディング」 サーバー上に録画保存

このような機能のおかげで、接続が切れてしまっても、録画はされているので安心して会議を開催すること、参加することができます。

安定した接続

会議をしていて一番困るのは、接続が切れてしまう・不安定な事です。

せっかく、白熱した会議も途中で切れてしまっては、集中力も何もかも切れてしまいますね。

Zoomは、そんなお悩みを解消してくれます。

接続が安定していることはもちろん、画像や音声も遅れることなくリアルタイムで実際に会って会議をしているような感覚になります。

また、大人数で同時接続しても安定しているのです。

データ通信量が軽いので、サクサクと動き、安定もしているのです。

これで、接続が切れるストレスからも解放されます。

接続デバイスが多様

Zoomは、Windows、MacなどのPCだけではなく、iPhone、android、iPadなどのスマホやタブレットからも接続が可能です。

スマホで接続する際は、無料のアプリをインストールしておけば、簡単に接続ができます。

これで、今流行りのリモート飲み会もすぐにスタートできます!

同時接続

無料プランでも最大100人まで同時接続が可能です。

また、PCだと2画面設定をすると最大25人まで表示され、スライドして表示を切り替えられます。

スマホやタブレットの場合は、1画面に最大4人まで表示でき、スライドして表示を切り替えます。

とにかく、手軽にWeb会議に参加できること。

事前準備などの必要もないので、操作が苦手な人などにも利用しやすく、PCがなくても参加できるなどが人気の要でしょうか。

Zoomの料金表

基本 プロ ビジネス 企業
料金 無料 2,000円/月 2,700円/月 2,700円/月
最大接続人数 100人 100人 300人 500人
通話時間 40分 24時間 なし なし
録画方法 ローカル クラウド クラウド クラウド

無料プランでも最大100人同時接続が可能です。

無料プランのデメリットとしては、3人以上の接続の場合通話時間40分という制限があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://zoom.us/pricing

他の競合オンラインWeb会議サービスと比較

なぜ、Zoomが選ばれるのか他のWEB会議サービスと気になる項目を比較してみました。

無料版のビデオ通話人数 無料版で出来ること 特徴
Zoom 1:100 ホワイトボード機能

画面共有機能

録画機能

チャット機能

招待URLをクリックするだけで会議参加可能

会議動画を録画可能

Win/Mac・iOS/Android

に対応

Skype 1:50 チャット機能

画面共有機能

1クリックで会議参加可能

アカウント、アプリインストール不要

Google ハングアウト 1:10 チャット機能

ファイル共有機能

Web、iOS、Android対応
Google meet 1:100 チャット機能

ファイル共有機能

画面共有機能

Web、iOS、Android対応
Whereby 1:4 チャット機能

画面共有機能

URLをクリックするだけで会議参加可能
Chatwork 1:1 チャット機能

画面共有機能

ファイル共有機能

日本製のチャットツール
Slack 1:1 ビデオ通話 人気No.1チャットツール
Cisco Webex Meetings 1:100 ファイル共有機能 世界No.1シェアWeb会議ツール

Web会議が目的ですと、やはり同時接続人数は重要なポイントです。

Zoomは、無料プランでも100人同時接続が可能です。

また、会議参加の手軽さ、会議中に操作できる機能の多さが選ばれる理由のようです。

Zoom利用者の評判・口コミは?

では、実際に利用している方はZoomの使い勝手をどのように感じているのでしょうか?

Zoom利用者のポジティブな評判・口コミ

このご時世ですので、会議だけではなく、授業やオンライン飲み会などにも利用しているようです。とても便利な世の中になりましたね。

Zoom利用者のネガティブな評判・口コミ

オンラインだと自分の顔がシッカリ映るのでノーメイクだと・・・。

https://twitter.com/neo_mi66/status/1256427513812627456?s=20

Zoomのセキュリティについて

実は、Zoomはセキュリティの脆弱性が問題視されています。

個人や企業、学校などで会議中やオンライン授業中に第三者が侵入してくるという「Bombing」と言われるものがあります。

これはZoomだけではなく他のシステムでも指摘されていたリスクです。

また、フィッシング詐欺の攻撃対象をZoom内にしていることもあります。

 

しかし、Zoomではその都度、最新バージョンへのアップデートを展開することでセキュリティ問題に対して対応しています。

また、インターネットセキュリティ大手IT企業を買収するなど、セキュリティ強化に力を入れているので問題解消も時間の問題かと思われます。

Zoom徹底解説まとめ

今注目のWeb会議システムZoomについて、特徴など調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

会議だけではなく、オンライン授業やオンライン飲み会など、なかなか人と会うことが出来ない今だからこそ活用する場がたくさんあるのではないでしょうか?

もし今Web会議システムは何を導入しようかと悩んでいるのでしたら、Zoomはいかがでしょうか?

Zoom公式サイトはこちら→https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

Zoom以外のオンライン会議サービスと比較した記事も合わせてご覧ください。

【オンライン会議ツール結局どれがいいの?】zoom・Teams・Google Hangouts・Webexなど9つのサービス徹底比較【リモートワーク必須】

 

今回zoomと比較したGoogle meet、Googleハングアウトの解説記事もあります。

「Google Meet」の無料有料プランと「Googleハングアウト」の違いを比較しました

 

以上、「【徹底解説】今話題のオンライン会議ツール「Zoom」競合サービスとの比較も」でした。それではまた。