生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

電話番号0120907636の相手先・用件・対応方法を解説【あせらず対処可能です】

0120907636の電話の相手先・用件・対応方法をこの記事ではわかりやすく解説します。

0120-907-636は、「auキャンペーンサポートセンター」からの営業電話です。

 

「あれ?0120907636って知らない番号から着信だ」

近年では電話ができる無料アプリが簡単に入手でき、電話番号を交換する必要性がほとんどなくなりつつあります。

しかしながら、時折携帯本体に掛かってくる未登録の番号は一体どこからなのだろう?

無視しようとは思うものの、大切な電話だったらどうしよう・・・と変に気をとられますよね。

 

こちらの記事では、0120907636からの電話についての詳細と、対応策について解説します。

実際に筆者自ら、0120907636に問い合わせをし、確認を取った内容です。

 

「0120907636」からの電話は、「auキャンペーンサポートセンター」からの電話で悪質ではないことが確認できていますが、

もし、「まったく身に覚えがないのに請求や取り立てをされる」「個人情報を聞き出そうとしてくる」といった場合は、詐欺や悪質な電話勧誘の可能性がありますので落ち着いて対処をしましょう。

何か怪しい、など判断に困ったら、まずは最寄りの消費生活センターへ相談を。

架空請求か判断がつかなかったり、不安を持ったりした場合には、相手に連絡せず、また料金を支払う前に、まず消費生活センターに相談しましょう。

「裁判所からの支払督促」や「少額訴訟の呼出状」と思われる場合は、書類の真偽の判断はむずかしいので、放置せず、すぐに消費生活センターに相談することが重要です。裁判所の管轄地域・連絡先については、裁判所のホームページ内各地の裁判所でも確認することができます。

これ以上、電話番号などの個人的な情報は知らせない

郵送の場合は、請求ハガキ等が実際に届いているので、悪質事業者は名前と住所は知っていることになります。また、電子メールやSMSの場合では悪質事業者はメールアドレスや電話番号を知っていることになります。新たに、個人的な情報を知られてしまうと、今度は別の手段で請求してくることが予想されます。個人的な情報を知られないようにしてください。

引用:http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/twoshotto.html

0120907636は「auキャンペーンサポートセンター」の電話番号

電話番号0120907636の正体は、携帯キャリアの「au」です。

auウェブサイト:https://www.au.com/

 

電話をかけてきた要件としては、キャンペーンのお知らせと加入の確認といったいわゆる「営業電話」です。

後ほど記載しますが、このようなキャンペーンと謳った「営業電話」は、受ける側にとっては迷惑に感じる方も多いようです。

それなのに、なぜなくならないのでしょうか?

実際にauサポートセンターへ問い合わせをし、確認しましたので、順を追って記載していきます。

※補足ですが、よく聞く「KDDI」は企業名で、「au」はKDDIの中の携帯のブランド名となります。

0120907636からの電話の内容について

0120907636からの電話内容は、主に「auの携帯に関するキャンペーンの案内」となります。

基本的にauの端末のみを利用している場合、頻繁に電話はかけないとのことですが、実際執拗な対応をされた顧客が何人かいるようですので注意は必要です。(記事後半で口コミも紹介)

また、auへ直接問い合わせをして聞いてみたところ、

auの携帯だけでなく、「auひかり」などを利用している場合も、固定系サービスの案内と称してこの番号から電話をかけることがあるようです。

0120907636からの電話を無視するとどうなってしまうのか?

0120907636からの電話は主にキャンペーンの案内ですので、興味がない場合はそのまま無視しても問題ないです。

もし、プランの見直しや期間限定のキャンペーンなどに興味がある場合は、営業電話を聞いて検討してもよし、または店舗に足を運ぶかサポートセンターへご自身で問い合わせをしてもOK。

 

auのウェブサイトでは、チャット式の問い合わせ方法があり、実際に活用してみたところ返信はその日中にはきますし、文章でのやりとりなので、こちらも焦らず質問を記入できたので、システムとしては良好の印象を受けました。

 

ちなみに、緊急時にフリーダイヤルを使用した際は、折り返しが「0077-7046」とあまり見かけない番号からかかってくる場合があるようですので、その際はスルーをせず電話に出ましょう。

とはいうものの、かかってきた電話を無視するのは簡単ですが、繰り返し何度も同じことが起きるのは時間の無駄になりかねません。

根本的に「電話をさせないように」対策を打っていきましょう!

0120907636からの電話に出れなかった時の対応方法

フリーダイヤルからの不在着信はすぐには折り返さず、インターネットで調べるのが得策です。

注意点としては、フリーダイヤルからの電話は営業電話が多いもの、重要な確認の電話である可能性もある点です。

例えば、実際に自身が申し込みをしているサービスや商品からの確認電話だったり、クレジットカードや国民年金の支払いが気づかず遅延している確認だったり。

 

知らない電話番号からの不在着信は、まずはインターネットで情報を収集してから対処しましょう。

ネット上に情報がない場合は、重要な内容の電話であれば再度電話か書面で通知してくるはずですので、再び電話がかかってくるのを待って(詐欺や悪質な電話かもしれない)注意を払いながら電話で内容を聞く流れがよいかと思います。

0120907636からの電話の口コミ・評判

実際にauからのサポートキャンペーンの電話があった方達の口コミとなります。
残念ながら対応がいい、という記事はございませんでした。その理由を少し書かせていただきます。

なぜ営業電話がなくならないのか?

Twitter上の口コミのように、ほとんどの場合マイナスな印象を与えてしまう「営業電話」。

電話を使ったキャンペーンのお知らせなど、携帯会社以外の企業でもなかなか無くなりません。

その理由としては、「その電話に出てしまう人がいる」からです。

 

電話をかける側としては、メリットが必ずあります。

例えば、会社が課するノルマのためにコールをするなど、表からは見えない企業側の事情があります。

そして「キャンペーン」というのは参加すれば顧客だけでなく企業も得することが大前提なので、電話をかける側も熱を入れます。

もちろんカスタマーと会話することにより、サービス・品質の向上を図っている場合もあるかと思いますが、相手の時間をもらい自社のサービスの話を長々とするのは、あまり良い印象を受けませんよね。

 

そんなカスタマーにとって悪者とも受け取れる営業電話が、今後根絶することはすぐには難しいかもしれません。

「いかに電話を鳴らせないか?」にフォーカスし、対策を打てば、このようなマイナスイメージは減っていくのではないでしょうか。

0120-907-636からの電話まとめと今後の対応

0120-907-636の番号の正体はauサポートセンターでした。

いくらフリーダイヤルとはいえ、全てが「悪質営業電話」とは限らないかもしれない。大切な要件だったら?

私にとって必要な内容だったら?

と、一つの着信で深く考えてしまう事は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

そんな時は、「いかに電話を鳴らさせないか?」に焦点を当てましょう。

一番確実なのは、au窓口へ「電話での連絡は不要だ」と言うことを伝える事です。

 

今回は実際にサポートセンターへ問い合わせをしてみました。

問い合わせ窓口の担当者によると、電話の拒否設定も可能とのことなので、ぜひ問い合わせをしてみてください。※ショップにいく必要がある場合もあるようです

また、窓口の方曰く、営業電話に対し「しつこく毎日電話をかけることはない」との回答もありました。

もちろん実際にauからしつこい連絡をされた方もいましたので、絶対大丈夫、とは言い切れません。

2回目以降は、きちんと窓口へクレームをあげましょう。

手間かもしれませんが、こちらが一つアクションを起こすことでau自体の改善にも繋がるかと思います。

 

au以外にもドコモからも似たような営業電話があります。

電話番号0120947285の相手先・用件・対応方法を解説【あせらず対処可能です】

 

以上、「電話番号0120907636の相手先・用件・対応方法を解説【あせらず対処可能です】」でした。それではまた。