生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

有料PDF編集ソフトの中で抜群のコスパ「PDFelement」 の紹介と競合サービスとの比較

新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワークを積極的に取り入れる企業が増えてきた今、今までとは違う働き方がスタンダードになりつつあります。

そのため今までオフィスでしていた作業を自宅などでする機会が増えている人も多いのではないでしょうか。

現在リモートワーカーの皆様はさまざまな作業を自宅などで行っていると思いますが、今回はPDF編集作業にスポットを当てたいと思います。

 

自宅などのオフィス外でPDFの編集作業を行う機会が多く、無料のフリーソフトでは機能が不十分という人におすすめのPDF編集ソフトが「PDFelement」です。

数ある有料のPDF編集ソフトの中で、「PDFelement」の特筆すべき特徴は、充実した機能が最初に購入すれば買い切りモデルのため製品を永久に利用できて、無償でアップデートできる点

つまり、毎月定額のサブスクリプションサービスと比べて、中長期的に費用を抑えて、充実した機能のPDF編集ができるのです。

 

他の競合サービスとも比較して導入するPDF編集ソフトを検討したいリモートワーカーやフリーランスの方に向けて、「PDFelement」の特徴をご紹介させていただきます。

「PDFelement」の紹介の前にPDF編集ソフトとは

有料の各PDF編集ソフトの比較一覧表

価格 ライセンス期間 パスワード設定 スキャナからのPDF作成
PDFelement プロ版 9,980円 永久

adobe Acrobat Pro DC 18,960円(年間プラン一括払いの場合) 月々または年間のサブスクリプション

いきなりPDF Ver.7 COMPLETE 10,890円 永久

×

×

JUST PDF 4【作成・高度編集・データ変換】 11,523円(ダウンロード版) 永久

×

×

PDF編集ソフトの主な機能

PDF編集ソフトの主な機能はPDFの作成・変換や編集、保護などです。

無料のフリーソフトではPDFの閲覧や簡単な編集ができるものもありますが、高度な編集は有料のソフトでないと難しいと考えた方がいいでしょう。

 

例えば、Adobe Acrobatは無料版のAcrobat ReaderではPDFの表示や注釈の追加、出力は可能ですが、PDFの作成やパスワードでの保護、WordやExcel形式への書き出しなどはできません。

 

有料ソフトの場合はソフトにもよりますが、PDFの直接編集や透かしの追加、各ファイル形式への変換やスキャンしたデータからのPDF作成、PDFファイルへのパスワード設定などが可能です。

頻繁にPDFを扱うのであれば、これらの機能が必要になることも多いと思いますので、有料ソフトの導入を検討すべきでしょう。

PDFelementとは

「PDFelement」公式サイト:https://pdf.wondershare.jp/

PDFelementでできること

PDFelementは、Wondershareが販売している買い切りタイプ(永久ライセンス)のPDF編集ソフトです。

買い切りタイプ(永久ライセンス)ですので、最初に購入すれば、ずっと使い続けることができます。

5,980円の標準版と9,980円のプロ版の2種類あり、どちらもテキストの直接編集や各ファイル形式への変換、透かしの追加、パスワード設定などが可能です。

無料体験版もあるので、導入前に試しに使ってみることも可能です。

PDFelementの特徴、標準版とプロ版の違いとは

PDFelementは、高度な直接編集機能が売りのソフトです。

ラインモード・段落モードでの編集やメモやテキストボックスの追加、テキストフィールドやチェックボックスなどの追加やこれらのエレメントの表示様式の設定など、多彩な機能が搭載されています。

またスキャンしたデータをそのままPDF化したり、複数ファイルを一括変換したりといった便利な機能もあります。

 

そして、なんといってもPDFelementの特徴は価格の安さです。

プロ版であっても1万円を切り、同価格帯のソフトと比較すると圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

毎月定額のサブスクリプションモデルではなく、買い切りモデルのため、最初に購入してしまえば、その後に料金がかかることはなく永久的に利用できます。アップデートも無償でされるのでその点も安心です。

 

標準版とプロ版の違いは、

標準版は機能の制限はありますがそれでも十分な編集能力があるので、価格を抑えたいという人におすすめです。

プロ版では電子署名の作成が可能なので、テレワークへの活用も可能です。

PDFelementの使い方はとても簡単です

PDFelementは、このソフト一つあればPDFの作成や編集に必要な機能がすべて揃っています。

またMicrosoft Officeのような操作感なので、PDF編集に慣れていない人でも使いこなしやすくなっています。

テキストや注釈、メモ、画像の追加などはOfficeなどのソフトを利用している人であれば直感的に操作できるので、特別な使い方を覚える必要はありません。

PDFelementには、モバイル版もあり、iOSとAndroidのスマートフォン・タブレットなどで利用することができます。

リモートワークが増えてきた近年、電子署名も話題になってきていますが、PDFelementは電子署名も可能です。

タブレットなどを使えば署名も容易ですので、PC版と合わせて使うのもおすすめです。

PDFelementと競合サービス3つを比較

①「Adobe Acrobat Pro DC」との比較

「Adobe Acrobat Pro DC」公式サイト:https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/pdf-reader.html

 

PDFといえば、Adobe Acrobat ReaderやAdobe Acrobat Pro DCを思い浮かべる人が多いかと思います。

有名なソフトなだけあって機能も多彩で優秀です。

PDFelementと同じように直接編集やファイル形式の変換、パスワード設定などが可能で、機能面で言えばPDFelementプロ版とAdobe Acrobat Pro DCは甲乙つけがたいです。

 

PDFelementと大きく違うのは価格とライセンスの方式です。

PDFelementは買い切りタイプで9,980円払えば永久に使うことができますが、Adobe Acrobat Pro DCはサブスクリプション形式のため、使用期間に合わせて料金を支払う必要があります。

年間契約で1ヶ月あたり1,580円、月々プランだと2,680円ですので、単純に価格を比べるのであれば、4ヶ月以上の使用でPDFelementの価格を超えます。

 

安く使いたいならPDFelement、高くても最新機能を使いたいならAdobe Acrobat Pro DCという使い分けになるかと思います。

②「いきなりPDF」との比較

「いきなりPDF」公式サイト:https://www.sourcenext.com/product/pdf/

 

いきなりPDFは、SOURCENEXTが販売しているPDF編集ソフトです。

PDFelementと同価格帯で同じように高度な編集が可能なソフトです。

スキャナからのPDF作成ができない、複数ファイルの一括変換ができないなど多少機能が落ちる部分もありますが、PDFの作成や直接編集、変換、セキュリティなど一通りの十分な機能が揃っています。

 

価格はPDFelementの方が少し安いので、SOURCENEXT製品を使っていてなじみがあるというような場合でなければ、PDFelementをおすすめします。

③「JUST PDF」との比較

「JUST PDF」公式サイト:https://www.justsystems.com/jp/products/justpdf/spec.html#othercompany

 

JUST PDFは、JUST SYSTEMSの販売するPDF変換ソフトです。

こちらもPDFelementと同じ価格帯で基本的には同じような性能のソフトですが、太字や斜体、上付き・下付きなどの設定ができない、波線やキャレットに対応していない、JPG・BMP以外の画像に変換できないなど、PDFelementと比較すると機能面で落ちる部分が目立ちます。

大きな特徴は同じJUST SYSTEMSの販売する一太郎へのアドインが可能なことです。

 

一太郎を扱うことがあるという場合には、JUST PDFを選ぶメリットがありますが、そうでなければPDFelementが良いかと思います。

PDFelementの評判と口コミ

PDFelementのネット上での口コミ

PDFelementの評判は、使いやすくて便利というものが多かったです。

有料であることに納得して使っている人が多いようです。

https://twitter.com/HiwJrAZhDUupYX3/status/1277669236911964160

PDF編集をするならどのサービスがおすすめ?

コスパに優れているのがPDFelement

他のサービスと比べてPDFelementが飛びぬけて優秀というわけではありませんが、価格と機能を比較すると両方優れているのがPDFelementだとわかります。

コスパを重視してなるべく高性能なソフトを使いたいという人には、PDFelementがおすすめです。

「PDFelement」公式サイト:https://pdf.wondershare.jp/

 

PDFelementを提供しているWondershareが他にもコスパの良いソフトを提供しています。

買い切りライセンス&多機能で有料ドローソフトのおすすめ「Edraw Max」の紹介

1万円以内の買い切りでコスパ抜群のおすすめ有料動画編集ソフト「Filmora9」の紹介

 

以上、「有料PDF編集ソフトの中で抜群のコスパ「PDFelement」 の紹介と競合サービスとの比較」でした。