生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【徹底解説】無料でも使えるVPN「TunnelBear」の効果的な使い方・安全性などわかりやすく紹介します

海外旅行や移住した時、現地で日本のネットサービスを使おうと思ったら、繋がらない・ブロックされるという経験はありませんか?

それは、日本のコンテンツが海外からの接続を拒否しているからです。

他にも、公衆Wi-Fiを使うときにセキュリティって大丈夫なのかな?って気になったことはありませんか?

 

その様なシチュエーションで活躍してくれるサービスが「VPN」です。

VPNサービスの中でも人気の高い「TunnelBear(トンネルベアー)」について、今回は詳しく紹介します。

そもそもVPNとは?

「TunnelBear」の説明に入る前に、まずは「VPN」について最低限の理解を深めましょう。

VPNとは、「Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)」のこと。

VPNは、インターネット上で、暗号化などの技術を使って特定のユーザーしかアクセスできない仮想ネットワークを作り出し高いセキュリティを実現したネットワークです。

 

VPNの提供をサービスとしているVPN企業は、世界各地に独自のサーバー拠点を設置して、サーバー間をセキュリティの高いネットワークを構築、このネットワークにアクセスする権利をVPNサービスとしてユーザーに提供しています。

 

例えば、VPNサービスを利用しない通常の場合、海外のPCから日本のウェブサイトにアクセスすると、海外のIPアドレスが割り当てられて接続されます。

そうすると、日本のウェブサイトの設定によっては、海外からの接続だと認識すると、アクセスを拒否することがあります。

例えばこんなかんじ

海外のホテル → 日本のウェブサイトにアクセスできない

上記のような場合、海外からのアクセスを禁止しているウェブサイトだと海外からアクセスできません。

そんな時は、海外からVPNサービスを使って、日本に設置されているサーバーを経由してアクセスすることで、あたかも日本からアクセスしたかのように見せることができ、日本のサイトを閲覧できるのです。

例えばこんなかんじ

海外のホテル → 日本に設置されているVPNサービス → 日本のウェブサイトにアクセスできる

上記のような場合、VPNサービスを利用することで、日本のウェブサイトからすると日本からアクセスしていると認識されて、問題なく閲覧できるのです。

 

VPNについて、情報セキュリティの公的機関である「情報処理推進機構」ウェブサイトからの引用も記載しておきます。

リモートアクセスでは、外部から社内の重要なデータの送受信をインターネットや公衆回線網を通じて行うため盗聴や改ざん等のセキュリティ上の問題を抱えることになります。
そこで、データを送出する前にデータを暗号化して特定のユーザにしか識別できない認証方法を加えて送り、また受信側でそのデータの復号や認証を行って、目的のホストに届けるようにすれば、セキュリティを確保することが可能になります。
暗号化、認証、ヘッダー交換などの技術を用いて、ある特定のユーザだけしかアクセスできないようにしておけば、インターネットや公衆回線網を使っても、専用線接続と同じようなセキュリティを保つことができます。

この技術をVPN(私設仮想回線)と呼びます。

また、VPNを構築するために、グローバルなネットワークに特定のユーザしか認識できない仮想の通信路を設けて通信する方式を「トンネリング」と呼んでいます。
トンネリングとは、実際に通信したいデータパケットをカプセル化し、その内容を第三者が見ても判別することをできなくすることにより、セキュリティを高める技術です。

引用:情報処理推進機構ウェブサイトhttps://www.ipa.go.jp/security/awareness/administrator/remote/capter7/1.html

 

今回は、VPNサービスの中でも人気の高い「TunnelBear」について紹介していきます。

TunnelBear(トンネルベアー)とは?

TunnelBear(トンネルベアー)とは、2011年にカナダのトロントに拠点をおく、VPNサービスです。

TunnelBearは、操作が簡単で、料金も良心的なVPNとして世界500万以上のユーザーがいる、高い評価を得ているVPNサービス。

 

VPNサービスの使い方として、よくある事例は無料のWi-Fiスポット、あるいは、海外での活用です。

 

無料のWi-Fiスポットを使う機会が多い場合、不特定多数の人が使う無料のWi-Fiは、電波が傍受される恐れがあります。

そこで、TunnelBearのようなVPNを利用すると、通信の暗号化ができてセキュリティを高め、安全な通信状態を確保できるのです。

 

また、社会主義や共産主義国家などではインターネットの閲覧制限が厳しく、アクセス制限がかけられています。

例えば、中国国内ではFacebookが使用が禁止されていたり、フリマアプリのメルカリは日本国内でしか利用ができなかったりします。

そのような時に、TunnelBearなどのVPNは、インターネットの制限を回避するツールになるのです。

TunnelBearの効果的な使い方は?

ここでは、TunnelBearの効果的な使い方を一部紹介します。

なお、下記の使い方に関しては推奨しているわけではなく、一般的によく使われている使い方の紹介になりますので、使用用途については各自ご判断の上ご使用ください。

Google Playストアなどの日本未公開アプリのインストール

海外では公開されていても日本ではまだ公開されていないアプリ(ゲームなどの)を日本にいながら入手できます。

通常は、日本で未公開のアプリは日本からアクセスしてもダウンロードやインストールができません。

そういった際に、TunnelBearでアプリを公開している国のIPアドレスに変更してアクセスするとインストールが可能になるのです。

日本では規制されているYouTube動画を視聴する場合

「この動画は、お住いの国では公開されていません」などのメッセージが表示され、動画が視聴出来ない場合、TunnelBearを使い動画が公開されている国のIPアドレスに変更すれば、日本で視聴が可能です。

海外ブランド専用サイトへのアクセス

forever21やアメリカンイーグルなど海外専用サイトが閲覧したいのに、日本のサイトに転送されてしまうことがあります。(”forever21.com”と入力しても→”forever21.co.jp”に転送されてしまう。)

そのような時も、TunnelBearでforever21.comが閲覧可能な国のIPアドレスに変更すると閲覧可能になります。

海外滞在中に日本のウェブサイトやアプリを使う

海外旅行や海外滞在中は、日本のサイトにアクセスできないことがあります。

『Amazonプライム』は閲覧できるものと出来ないものがあったり、『メルカリ』は国内での利用を前提にしているので欲しいものがあって帰国に合わせて購入したくてもできなかったり・・・。

そのような時に、TunnelBearを使ってIPアドレスを日本に変えると日本国内にいる時と同じ環境にすることができます。

TunnelBearの安全性は?

TunnelBearの安全性は、徹底したセキュリティ対策によって担保されています。

強力な暗号化【TunnelBearの安全性】

AES256ビットという暗号化で、インターネット接続やデータを保護しています。このAES256は、現在の利用可能な暗号化では最高レベルであり、これよりも低い暗号化は基本TunnelBearでは用意していませんので安心して利用ができます。

GhostBear【TunnelBearの安全性】

暗号化されたデータを、政府や企業、プロバイダーなどから検出できないようにする技術です。

TunnelBearは、ログは100%記録しない「ノーログポリシー」が基本です。IPアドレスや氏名などは一切記録されません。そのため、警察や政府が、情報開示を要求しても開示できる情報がほとんどないのです。

厳しいセキュリティ体制【TunnelBearの安全性】

TunnelBearは、サイバーセキュリティ会社(Cure53)を使って、システムなどのセキュリティ審査を行い、結果を公表しています。このような活動は世界で唯一のVPNです。

TunnelBearの特徴・メリット

TunnelBearは操作が簡単!

TunnelBearはVPNを初めて利用する人にも、分かりやすく簡単なので身構えることなく利用できます。また、熊のキャラクターが可愛いのも魅力です。更に、PCからでもスマホからでも利用できるのも魅力のひとつです。

TunnelBearは価格が安い・無料版がある

他のVPNは無料版から数か月経過すると、自動的に有料プランに移行される場合がありますが、TunnelBearは、勝手に有料になることはなく、ユーザー判断で切り替えられます。

また有料の場合も、毎月$9.99 年間払いだと$59.88とお得になります。

TunnelBearは解約が他社に比べて簡単

こちらも魅力のひとつです。解約画面で手続きをするだけです。

他のVPNだと解約までの手続きが面倒だったり、なかなか簡単に解約できないことがありますが、その点TunnelBearは良心的です。

【無料プランあり】TunnelBearの価格、料金プラン

料金プランは3つ。

  1. 無料 1か月500Mまで利用可能(動画30分程度)また、TunnelBearについてツイートをすると1GBまで追加データ通信が可能
  2. 1か月 US$9.99 / 毎月請求
  3. 1年 US$59.00 /12か月ごと請求 (US$4.99 / 月で毎月請求より50%割引)

ユーザーの合ったプランを選択できます。

有料プランは、無制限でデータ通信可能になります。

まずは無料版で試してみて、使い勝手がよければ有料版を利用する流れがおすすめです。

TunnelBearが使える環境は?

TunnelBearは、ほとんどの環境下で利用できます。

ユーザーの使用しているOSに合わせて専用のアプリをダウンロードすれば利用できます。

  • PCの場合は、WindowsかMac
  • スマホの場合は、iosかAndroid
  • ブラウザの拡張機能などを利用する場合の対応ブラウザは、Chrome、Firefox、Opera

注意が必要なのは、Google Chromeなどのブラウザの拡張機能で利用している場合は、Google Chromeの環境下のみでTunnelBear(VPN)接続になっているので、パソコン全体でVPN接続をしたい時は、OS版をインストールする必要があります。

TunnelBearの1アカウントで使用できるデバイス数は?

有料プランを契約している場合は、1つのアカウントで最大5つのデバイスを使用することが可能です。

それぞれのデバイスからtunnelbear.com/downloadに直接アクセスし、アプリがデバイスにインストールされたら、お持ちのアカウントでログインすれば利用できます。

PCもスマホもタブレットも1つのアカウントで利用できるので便利ですね。

TunnelBearはすべてのデバイスに対応

先ほども説明しましたがTunnelBearは、Windows、Mac、ios、androidの他、ブラウザ Chrome、Firefox、Operaにも対応しています。

VPNサービスがブラウザに対応しているメリット

  • 軽量であるため、一瞬にしてブラウジングできる
  • ブラウザ上で常にONにしておくことで、ネット通信は保護され続けている
  • LinuxOSなどWindowsやMac以外のOS(自作PCなど)を利用している人でも簡単にVPNが使えます。

TunnelBearのネット上の口コミ・レビュー

TunnelBearに関するポジティブな口コミ・レビュー

TunnelBearに関するネガティブな口コミ・レビュー

最近は、あまりネガティブな口コミはないようです。

無料版を提供しているのもネガティブな口コミが少ない要因に思えます。サービスに不満であれば無料版でサービス離脱しますからね。

TunnelBearの使い方まとめ

サイバー犯罪は、年々巧妙になり、増加しています。

自分のインターネット環境は自分で守らなければならない時代です。

特に、公衆Wi-Fiを利用することが多い方は、無料版もあるので、TunnelBearをインストールしておくと良いと思います。

 

以上、「【徹底解説】無料でも使えるVPN「TunnelBear」の効果的な使い方・安全性などわかりやすく紹介します」でした。それではまた。