生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【2020年おすすめVPNサービス厳選比較5選】個人向けVPNならここは外せない!

今回の記事では、2020年に個人向けVPNサービスの選び方と人気のVPNサービス5社を厳選して紹介します。

今回紹介するVPNサービスは、

VPNの利用が初めての方でも安心して始められるように、すべて返金保証がついているVPNサービスを選びました。

 

インターネット通信のセキュリティを大幅に向上し、足跡を起こさずアクセスできるVPNは、多くのユーザーが利用しています。

VPNはどのサービスであれ設定がカンタンなので、誰でもすぐに始められます。

しかも、料金がとってもリーズナブル。

月々、数百円くらいです。

 

しかし、「VPNは使ってみたいけど、サービスはたくさんあり過ぎて選べない・・。」

このようなお悩み抱える方も多いのではないでしょうか?

 

VPNサービスを選ぶ参考になるかと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【VPNサービスの選び方】3つのポイントで選ぼう!

VPNとは、インターネット通信を安全に行うための技術ですが、できる限り快適な通信を提供してくれるサービスを選びたいものです。

「快適な通信」の実現には、

1「通信速度」

2「匿名性」

3「安全性」

の3つがカギを握ります。

 

当たり前だよ!と突っ込まれそうですが・・、「通信が速くて、誰にもばれなくて、データの漏えいがない」VPNサービスが一番いいですよね?

ここでは、それぞれの性能を判断するための大事なチェックポイントをご紹介します。

①通信速度:サーバリスト(Server List)

VPNの通信はVPNサーバーを経由して行いますので、「どこのサーバーにアクセスするか?」は通信速度を決定づける重要な要素です。

例えば、日本で利用したいならば日本のサーバー数が充実していた方が、通信が安定して速度も上がります。

VPNサービス各社は、どの国にどれだけの数のサーバーがあるかを示した「サーバーリスト」を公開しています。

VPNを利用する際には、サーバーリストでサービスを使いたい国でのサーバー数を必ずチェックしましょう。

②匿名性:ログポリシー(Log Policy)

一般的に、インターネット通信を行うとプロバイダー業者に通信ログが残ります。

VPNサービスでも、VPNプロバイダー業者を経由してインターネットアクセスを行いますので、通信ログは残るのですが、それでは匿名性が担保されずに使い勝手がよくありません。

そこで、多くのVPNサービス業者は通信ログを残さない「ノーログポリシー」を採用しています。

これは、VPNサービスの利点である「匿名性」を高めるために採用されているのです。

アクセスの痕跡を残したくない場合はノーログポリシーを採用しているサービスが絶対条件になりますので、サービスのログポリシーをチェックしましょう。

③安全性:キルスイッチ(Kill Swich)

キルスイッチ(Kill Swich)とは、VPNサーバー障害など、何らかの影響でVPN接続が中断された際に、インターネット通信を自動で切る機能です。

通信経路がインターネット回線に接続されてしまうのを防げます。

この機能がなければ、万が一の障害時にデータのセキュリティや匿名性が担保されなくなります。

大抵のVPNサービスには付いている機能ですが、VPNサービスを選ぶ上でとても大切な機能なので、忘れずにチェックしましょう。

【比較厳選5社】個人向けおすすめVPNサービス!

ここでは、人気の高いおすすめのVPNサービス5社を、厳選してご紹介します。

【2020年おすすめVPNサービス】(最安値プランを比較)

サービス名

契約期間

料金(※1)

返金保証

NordVPN

3年

379円/月

30日間

詳細

ExpressVPN

1年

905円/月

30日間

詳細

CyberGhost

3年

300円/月

45日間

詳細

Surfshark

2年

216円/月

30日間

詳細

PUREVPN

1年

452円/月

31日間

詳細

(※1)最安値プラン、1$=108.86円換算で小数点以下切り捨て。

 

それぞれのサービスには複数のプランがあります。

今回ご紹介したプランは、すべて「返金保証付きのプラン」になります。

プランの中で最も安く、契約件数も多いのでおすすめです。

クレジットカードはもちろんのこと、PayPalやビットコインなどの仮想通貨での支払いに対応していますので、お好きな決済方法を選べます。

【目的別おすすめVPNサービス】こんな人におすすめ

  • 通信の快適性にこだわりたい! → 高速通信に定評のあるNordVPNがおすすめ
  • ユーザー満足度が高いサービスを選びたい → 各サイトで総合評価トップを獲得しているExpressVPNがおすすめ
  • VPN通信を独自に設定したい → 独自ポリシーが設定できるCyberGhostがおすすめ
  • とにかく月額料金を安く抑えたい! → 月額料金最安のSursharkがおすすめ
  • 通信ログを残す運営に賛同できる → ノーログポリシーを採用していないPUREVPNがおすすめ

【各サービスの特徴解説】おすすめVPNサービス厳選5社

ここからは、各サービスの特徴を解説していきます。

「速度(サーバーリスト)、ログポリシー、料金」など、自分がVPNサービスに求める点を明確にした上でチェックすると、サービスを選びやすくなります。

NordVPN【高速通信に定評のあるVPN】

出典:NordVPN

NordVPNの概要

  • サーバーリスト:58か国、5,293台
  • ログポリシー:ノーログポリシー(★詳細はこちら)
  • 料金例:3年プラン:3.49($/月)【379(円/月)※】

※1$=108.86円換算で小数点以下切り捨て

NordVPNの特徴

NordVPNは、数あるVPNサービスの中でも高速通信に定評があります。世界各国に設置された5,000台を超えるサーバーが世界中のユーザーの高速インターネットをサポートしてくれます。24時間年中無休のサポートがついていますので、操作に困った時にでもメールやチャットを利用して迅速に解決できます。

NordVPNの詳細はこちらから

「NordVPN」公式サイト

ExpressVPN【VPNのあらゆる機能が搭載】

出典:ExpressVPN

ExpressVPNの概要

  • サーバーリスト:94か国、3,000台以上
  • ログポリシー:ノーログポリシー(★詳細はこちら)
  • 料金例:12ヶ月プラン:8.32($/月)【905(円/月)※】

※1$=108.86円換算で小数点以下切り捨て

ExpressVPNの特徴

ExpressVPNは、あらゆるVPNサービス比較サイトでトップクラスに人気のあるサービスです。VPNのセキュリティに加え、ExpressVPNを使用していないときでも、脆弱性の高い「HTTP」サイトから「HTTPS」にリダイレクトする機能があり、インターネット通信の安全性を常時保てます。「なんでもおまかせVPN」のキャッチコピーそのままに、VPNのあらゆる機能が搭載されています。

ExpressVPNの詳細はこちらから

「ExpressVPN」公式サイト

CyberGhost【独自ポリシーの設置が可能】

出典:CyberGhost

CyberGhostの概要

  • サーバーリスト:90か国、6,131台
  • ログポリシー:ノーログポリシー(★詳細はこちら)
  • 料金例:3年プラン:300(円/月)

CyberGhostの特徴

CyberGhost VPNアプリでは、任意の条件でプライバシーを守る「スマートルール」の設定が可能です。スマートルールを使用することで、自分だけのプライバシールールを作成して、データを守れます。起動時のルールを選択したり、WiFiネットワークで自分自身を保護したり、VPNトンネルの例外を確立したり・・、自由度が高く、柔軟な運用ができるのがCyberGhostの大きな魅力です。

CyberGhostの詳細はこちらから

「CyberGhost」公式サイト

Surfshark【接続デバイス数に制限なし!】

出典:Surfshark

Surfsharkの概要

  • サーバーリスト:94か国、3,000台以上
  • ログポリシー:ノーログポリシー
  • 料金例:24ヶ月プラン:1.99($/月)【216(円/月)※】

※1$=108.86円換算で小数点以下切り捨て

Surfsharkの特徴

Surfsharkは1つのプランに契約するだけで、無制限にどのデバイスで使えます。一般的なVPNサービスは1契約につき3~5台までの接続制限がありますが、Surfsharkにはありません。また、VPN接続なしでもアクセスを許可する「ホワイトリスト(WhiteList)」の設定が可能で、VPNと通常のインターネット通信の接続で切り替えながら使えます。

Surfsharkの詳細はこちらから

「Surfshark」公式サイト

PUREVPN【サーバーに通信ログを残すVPN】

出典:PUREVPN

PUREVPNの概要

  • サーバーリスト:140か国、2,000台以上
  • ログポリシー:ログあり
  • 料金例:1年プラン:4.16($/月)【452(円/月)※】

※1$=108.86円換算で小数点以下切り捨て

PUREVPNの特徴

香港を拠点にサービスを展開するPUREVPNは、サーバーに通信ログを残します。通信ログを破棄するノーログポリシーを採用しないのは、「VPNの悪質利用を排除する」理由があるためです。実際、VPNを利用した不正アクセス事件が発生した時には、PUREVPNから警察当局へのログの提供により犯人逮捕に繋がったとの実績があります。

PUREVPNの詳細はこちらから

「PUREVPN」公式サイト

2020年個人向けおすすめVPNサービスまとめ

今回の記事では、人気のVPNサービスをご紹介しました。

Google PlayやApple Storeには無料のVPNアプリがありますが、容量制限や通信速度制限、通信ログを取得されることが予想されます。

まずは、今回ご紹介したメジャーブランドのVPNサービスを使うと安心ですよ。

さらに返金保証が付いているプランだと始めやすいと思いますので、気になるサービスがあればさっそく各サイトへアクセスしてみましょう!

 

以上、「【2020年おすすめVPNサービス厳選比較5選】個人向けVPNならここは外せない!」でした。それではまた。