生活や仕事に役立つライフハック、お得な情報を発信しています。

【Webflow基本解説】HTML・CSSの知識不要で簡単にプロ並みのウェブサイトが作成できる?!【ノーコードサービスの大本命】

ノーコード(NoCode)サービスの「Webflow」をご存知でしょうか。

ノーコード(NoCode)サービスとは、プログラミングの知識がなくても簡単にウェブサイトやウェブアプリなどを作ることができるサービスで、個人から大企業まで注目されているサービスです。

 

そのノーコード(NoCode)サービスの中でも、すでに米国を中心に多くのユーザーがいる誰でもクオリティの高いウェブサイトが作成できるサービス「Webflow」について基本解説します。

WebflowでできることやWebflowの使い方、Webflowの評判など、Webflowについて気になることをまとめて紹介していきます。

Webflowとは?

Webflow公式サイト:https://webflow.com/

Webflowとはノーコード(NoCode)サービス

Webflowとは、ウェブサイト作成のノーコード(NoCode)サービスです。

ノーコード(NoCode)サービスとは、通常はプログラミング言語を使ったコーディングが必要な作業を、コーディングなしで行えるサービスの総称です。

プログラミングがわからない人が簡単にウェブサイトを作れるのはもちろん、プログラミングができる人でもコーディングするよりスピーディーに作業が進むので、より簡単に作りたい時に使うこともあります。

 

またウェブサイトを作る人と運用・保守を行う人が別の場合、運用する人がプログラミングについて知らない場合、内容を更新したい場合にわざわざコーディングができる人に作業を頼まないといけないことがあります。

ノーコードサービスを使ってウェブサイトを作成すれば、プログラミングができない人でも更新作業が可能なので、より運用や保守が簡単になります。

今までウェブサイト作成代行業者などに作成を依頼していた場合、出来上がりがイメージと違うということもあったかもしれませんが、コーディングができない人でも自分でウェブサイトを作ることができるWebflowなどのノーコードサービスを使えば、より自分のイメージに近いウェブサイトを作ることも可能です。

このようにWebflowなどのノーコードサービスを使えば、今までプログラミングができないことによって生じていた不便な点や、仕方がないと諦めていたことなどを解消できるかもしれません。

Webflowの特徴

Webflowでは、コーディングではなくドラッグアンドドロップでウェブサイトをデザインできます。

豊富なテンプレートが用意されているため、完全な初心者でも始めやすく、何をどうしたらいいかわからなくても簡単におしゃれなウェブページを作れます。

テンプレートが豊富にあり、無料のテンプレートもあるので、まず試しに作ってみるということもしやすいです。

ウェブサイトはパソコンやスマートフォン、タブレットなど閲覧するデバイスが変わるとデザインが崩れてしまうこともありますが、Webflowならそれを防ぐためのレスポンシブ対応もノーコードでできます。

ページを作成しながらそれぞれのデバイスでの表示を確認することができるので、常に実際の見映えを意識しながら作業ができ、時間短縮につながります。

Webflowの料金プラン

Webflowにはサイトプランとアカウントプランという2つの料金プランがあります。

サイトプランはウェブサイトごと、アカウントプランはアカウントごとに課金されるプランです。

アカウントプランのスターターは期間無制限で無料で利用できるので、まずは試してみたいという場合はこちらがおすすめです。

詳しくは公式サイトの料金プランでご確認ください。

https://webflow.com/pricing

Webflowの導入事例

楽天

日本トップクラスのECサイトを運営する楽天も、米国にある物流系関連会社である楽天SLのウェブサイトでWebflowを使用しています。

WordPressからWebflowに切り替えたことで、数か月で1500ドル以上の経費削減を実現できたこと、変更や更新など4~5時間かかっていた作業が20分で行えるようになったことなど、Webflowを導入したメリットを多数挙げています。

今まで高価な報酬を支払ってフリーランスのプログラマーに依頼していた作業が自分たちでできるようになったことで、経費の削減や時間の節約になったからです。

またページビューや直帰率、新規ユーザーなどが増加し、ウェブサイト自体が魅力的で経営的により効果的なものになったと評価しています。

楽天のような大きな企業にとって、Webflowのような比較的新しいサービスに乗り換えることは非常にリスクのある行為ですが、結果として成功であったと語られています。

参考リンク:https://webflow.com/customers/rakuten

DELL

大手コンピュータメーカーのDELLもWebflowを利用しています。

DELLでは従来ウェブの設計を大規模なチームを組んで行ってきました。

その中で問題となっていたのは、ページをデザインする人と実際にコーディングしてページを作成する人のコミュニケーションです。

今までの方法では齟齬が生まれやすく、何回もやり取りを行いながら作成する必要がありました。

現在デザインチームは新しいプロジェクトをWebflowのテンプレートから作成しているため、デザインチームとエンジニアチームが同じ土俵に立つことができ、コミュニケーションがスムーズになりました。

参考リンク:https://webflow.com/customers/dell

Webflowのネット上での評判・口コミ

Webflowのtwitterでの評判・口コミ

Webflowを実際に使っている人の口コミをtwitterで探してみると、とにかく簡単という声が目立ちました。

プログラミングを知らない人だけでなく、普段コーディングをしている人にも使っている人が多いようです。

また使っていて楽しいという声も多く、ストレスなく使えると感じている人が多いようです。

Webflowはどんな人におすすめ?

Webflowは簡単、スピーディーにウェブサイトを作りたい人におすすめ

ノーコードサービスはプログラミング言語を知らない人が使うものというイメージが大きいですが、コーディングをしてウェブサイトを作るよりも簡単で早く作れるので、従来のプログラミング言語を使うのに比べてメリットが大きいです。

ページの更新が簡単になるので、頻繁に更新をしたり長く使う予定のウェブサイトであれば、Webflowを使って作るのがおすすめです。

とにかく簡単でわかりやすいので、プログラミングの勉強をしたいという人にもぴったりです。

 

Webflow以外のノーコードサービスをまとめた記事もありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

【比較一覧まとめ】今話題のノーコード(NoCode)サービス20選

 

以上、「【Webflow基本解説】HTML・CSSの知識不要で簡単にプロ並みのウェブサイトが作成できる?!【ノーコードサービスの大本命】」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です