外国の小銭を電子マネーへ簡単に両替・換金できるおすすめ方法【海外旅行で余った外貨の有効活用に最適】

海外旅行から帰国して、使い切れなかった外国の小銭や少額紙幣の使い道に困った経験はありませんか?

 

私は何度もあります。最近の海外旅行でも、なるべく使い切ろうとしたにも関わらず、小銭が数枚、1ドル紙幣が数枚、財布に残ってしまいました。

銀行で日本円に両替し直すとしても、小銭は両替受け付けてないし、余った金額を合計して1000円足らずで少額すぎて手間の方がかかってしまいます。

かといって、また同じ海外通貨が使える国に近い将来行くかどうかもわかりません。

 

このようなシーンを解決する、

外国の小銭や紙幣を簡単に電子マネー・ギフトコードに換金・両替できるおすすめな方法を今回はご紹介したいと思います。

外国の小銭・紙幣を電子マネーへ簡単に両替・換金できるおすすめの方法とは?

Pocket Change(ポケットチェンジ)が非常に簡単&便利!

Pocket Change(ポケットチェンジ)とは、

空港や駅、都心部の街中に設置された端末(ATMのような機械)で、海外旅行で余った外国通貨や外国紙幣を投入すると、

その場ですぐに、電子マネーやギフトコードに交換できるサービスです。

 

使い道に困った外国の小銭や紙幣が、Suica、nanaco、楽天Edy、Amazonギフト券、といったよく使う電子マネーやギフトコードに交換・両替ができるのです。

 

ポケットチェンジ

 

具体的な使用イメージとしては、ATMに外国通貨、紙幣を入れて、Suicaやnanacoに両替できるサービスです。

厳密にはATMではありませんが、以下の写真(空港に設置されている実物の端末)のほぼコンビニATMと同じような見た目の端末(機械)で操作して、外国通貨から電子マネーに両替ができます。

ポケットチェンジ端末

ポケットチェンジがあれば、海外旅行で余ってしまった海外通貨を有効に使い切ることができます。

ポケットチェンジ公式サイトはこちらから

Pocket Change(ポケットチェンジ)3つの特徴

取引は現金だけでOK。他には何もいりません。

電子マネーにチャージしたいときは電子マネーもご用意ください。(他にも交換先の情報が必要であればご用意を。)

Amazonギフト券などのギフトカード系に交換したいときは、交換したい現金だけあれば操作が完了できます。

氏名、住所、身分証明書、メールアドレス、電話番号などの入力は一切不要のため、個人情報を渡すくことなく、取引は安心安全に完了することができます。

対応通貨の一覧は公式サイト対応通貨ページにてご確認ください。

豊富な交換先サービスから選べる

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、nanaco、楽天Edy、iTunesギフトカード、Amazonギフト券、といったメジャーな電子マネーとギフトカードに交換可能です。

日本の電子マネー、ギフトカード以外にも、タクシー配車UBERのギフトカード、アメリカのドミノピザやスーパーのギフトカード、中国のWeChatの電子マネー、など様々な交換先があります。

海外の交換先はまだ少ないですが、日本、海外ともに今後も随時追加予定とのこと。

交換先サービスの一覧は公式サイト交換先ページにてご確認ください。

日本全国の空港や街中の設置端末で交換できる

日本全国の主要な空港をはじめ、都心部の街中などにポケットチェンジの端末が設置されています。

海外旅行の利用時なら空港の端末で。

都心部にお住まいなら、気が向いたときに街中の端末で交換することができます。

設置場所の一覧は公式サイト設置場所ページにてご確認ください。

操作はタッチパネルだけで簡単3ステップ

タッチパネルを操作して、お金を投入するだけで交換が完了。

氏名や住所、メールアドレス、電話番号などの入力は必要なく、簡単な操作のみ。

ポケットチェンジの操作は簡単3ステップ

ポケットチェンジ利用時の注意点と気になる疑問

ポケットチェンジの交換レートがお得になるクーポンはどこでもらえるの?

当サイトは、ポケットチェンジ紹介パートナーとして、ポケットチェンジの交換レートが優遇されるクーポン(プロモーションコード)を無料でご紹介しています。

ポケットチェンジのクーポンコード:9980092

 

クーポンコード「9980092」を端末の入力画面(以下参照)でご入力頂ければ交換レートがお得にご利用できます。

入力方法は以下のとおり。

 

①最終確認画面で「クーポンをお持ちの方」をタップ

ポケットチェンジの使い方、手順⑥

②プロモーションコード9980092 を入力

ポケットチェンジの使い方、手順⑦

③これでお得な交換レートが適用されて両替が完了します。

ポケットチェンジ公式サイトはこちらから

ポケットチェンジの使い方がわからないんですが・・

ポケットチェンジの使い方を画像つきで流れと手順を記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

ポケットチェンジの使い方の流れと手順を画像つきでやさしく解説!【クーポンコードあり】ポケットチェンジの使い方を画像でやさしく解説!

ポケットチェンジが対応している通貨の種類は?

2018年12月時点で、ポケットチェンジが対応している通貨の種類は以下のとおりです。

 

<お札・小銭の両方対応>

日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン

 

<お札のみ対応>

台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・ベトナムドン

 

の10通貨に対応しています。

 

対応通貨の一覧は、公式サイトの対応通貨ページをご確認ください。

ポケットチェンジが換金できる種類は?

2018年12月時点で、ポケットチェンジが換金できる種類は、

日本の電子マネー、ギフトカード以外にも、タクシー配車UBERのギフトカード、アメリカのドミノピザやスーパーのギフトカード、中国のWeChatの電子マネー、など様々な交換先があります。

海外の交換先はまだ少ないですが、日本、海外ともに今後も随時追加予定とのこと。

 

日本では、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、nanaco、楽天Edy、iTunesギフトカード、Amazonギフト券、といったメジャーな電子マネーとギフトカードに交換可能です。

また、unicefなどの団体へ寄付を選ぶこともできます。

 

交換先サービスの一覧は、公式サイトの交換先ページをご確認ください。

ポケットチェンジは日本円(現金)にも換金できるの?

残念ながら、ポケットチェンジは外国通貨から日本円(現金)へは換金両替できません。

現金には換金できませんが、Suicaのような1ポイント=1円で利用できる電子マネーに交換できるので利便性は問題ないと思います。

ポケットチェンジの設置場所はどこにあるの?

日本全国の空港を中心に、都心部では街中にも端末が設置されています。

設置場所の一覧は、公式サイトの設置場所ページをご確認ください。

ポケットチェンジの利用料金、手数料はかかるの?

取引ごとの利用料金、手数料はないですが、外貨両替の交換レートによる手数料は発生します。(交換レートに手数料が含まれています)

通常の銀行窓口での外貨両替の交換レート手数料と同じかんじですね。

交換レートは現地端末画面にて確認できます。

ポケットチェンジの交換レートは良いの?悪いの?

ポケットチェンジは複数の外国通貨を一度に投入できるの?

複数の外国通貨をまとめて投入が可能です。

非対応の通貨や、読み取れない通貨は、返却、または寄付を選べます。

かなり昔の外国通貨と紙幣が家にあるんだけど両替できるの?

対応通貨であっても、古すぎるものやマイナー・少額紙幣には対応していないことがあります。

以下、公式Twitterの投稿から対応紙幣の一覧が確認できます。

余った外国通貨でユニセフに寄付したいんだけど、ポケットチェンジでもできるの?

ポケットチェンジでもユニセフに寄付ができます。

ユニセフ以外にも寄付できる活動団体がありますので、ご希望の団体を選ぶことができます。

ポケットチェンジはいつからサービス開始してるの?

2017年に羽田空港の1台からスタートしているとのことです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

3年ほど前、イタリア旅行に行った時、たしかミラノの空港から日本へ帰る便に乗る直前のこと。

ポケットチェンジのような端末が搭乗口らへんに設置されてあり、余った現地の現金をPaypalに換金できそうな案内があって、ちゃんと換金できるか不安ながらも数千円分だったので換金してみた覚えがあります。

結果的に、後日、数千円分のユーロが自分のPaypal残高に反映されて、ニッチで便利なサービスもあるもんだと興味深い体験をしました。

今回ポケットチェンジのサービスがスタートしていることを知って、当時の体験を思い出しました。

 

便利なポケットチェンジですが、端末の設置場所が空港や都心部の一部に限られるのが難点ですね。

どこにでもあるコンビニのATMとかで利用できると超便利ですが、全国のATMで外国通貨を取り扱うのは非常にハードル高そうなので現実的ではなさそう。

はたまた、今後キャッシュレス社会が進んでいけば、日本円同士だけでなく、外国通貨と日本円の両替についても簡単に便利になっていく未来が予感できる気もします。

 

とは言っても、当面の間は海外旅行時に知っておいて便利なサービスには違いありません。

ぜひ、みなさんも海外旅行の機会に利用してみてください。

 

以上、「外国の小銭を簡単に電子マネーへ換金できるおすすめ方法【海外旅行で余った外貨の有効活用に最適】」でした!

それではまた。