【アメリカ・ハワイSIMカード】厳選おすすめ2選!これを使えば間違いない!Amazonで購入できます

みんな大好きハワイ旅行!

海外旅行の必需品の1つである「ネット環境」。海外でも変わらずスマホを快適に使いたいですよね。

最近では格安SIMの普及やドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアもSIMロックの解除対応したりと、SIMカード利用が徐々に一般化してきています。

 

そして、ハワイでも定番のモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)よりも、

ハワイでも使えるSIMカードの方が安くて便利!ということに気づいた人から、ハワイで使えるSIMカードの利用が増えてきています。

 

が、ここで1つ問題が。

Amazonで「ハワイ SIMカード」と検索しても似たような商品がたくさん表示されて「どれを選べばいいかわからない・・・」という問題に直面します。

そのような問題を今回の記事では解消したいと思います。

 

実際に私が、2017年12月、2018年12月にハワイ旅行で問題なく利用ができて価格もリーズナブルで「おすすめできるハワイで使えるSIMカード」を2つご紹介します。

 

2つどちらを選んでも問題なく快適に利用ができますが、

片方の「Lycamobile SIM」は、4〜6GB使えて2,000円台と安くてコスパ最高、

もう片方の「MOST SIM」は、データ通信無制限なのに3,000円台とそこそこ安くてこちらもコスパ最高、

とそれぞれ特徴がちょっとだけ違います。

この記事でそれぞれの特徴と、こういう人におすすめ的な内容を紹介しますので、用途にあわせて選んでもらえればと思います。

MEMO
今回紹介するSIMカードはアメリカ本土でも使用可能なSIMですが、私がハワイで実際に使用した経験をベースにした内容のため、ハワイをベースとした内容になっています。

アメリカ・ハワイで使えるSIMカードとは?

【大前提】SIMフリースマホじゃないと使えません

この記事までたどり着いている方はSIMロック解除されたスマホ、SIMフリーのスマホをすでにお持ちで(または手に入れる予定で)、ハワイで使えるSIMカードをお探しかと思うので、SIMフリーについての説明は割愛しますが、

大前提として、

今回紹介するハワイで使えるSIMカードは、SIMフリーのスマホでないと利用ができません。

この点はくれぐれもご注意ください。

アメリカ・ハワイSIMカードの使い方と基本の流れ

数年前までは海外でSIMカードを利用する場合は、現地の家電量販店や通信会社ショップなどで買って調達するパターンが主流でした。

しかし最近では、海外旅行出発前に日本のAmazonで購入して、渡航する飛行機内でSIMカードを入れ替えて現地に着いたらすぐ使える、というパターンが主流となっています。

 

なにより、現地で調達の場合は、空港に着いてからSIMカードを調達するまでスマホが使えないのと、その調達の時間が非常にもったいないので、日本のAmazonで買ってから出発するパターンをおすすめします。

 

具体的な流れは以下の通りです。購入するSIMカードによって、設定が少しだけ違ってきますが、おおまかな流れは同じです。

  1. 日本のAmazonで「ハワイで使えるSIMカード」を購入します。(おすすめ商品は後述)
  2. 日本で設定が必要なSIMカードの場合は、説明書にしたがって設定しておきます。日本で特に設定不要なSIMカードは特に何もすることはありません。(どのSIMカードも数分で終わるような設定がほとんどです)
  3. ハワイへ向かう飛行機内でスマホのSIMカード入れ替えます。(日本で使用しているSIMカードは帰国時に再度使うので失くさないように保管しておくこと!)
  4. ハワイの空港に着いたらスマホが使える状態になります。(ハワイの空港に着いたらすぐ使えるSIMカードもあるし、ちょっとだけ設定する必要があるSIMカードもあります)

以上です。

どうでしょう、少しだけ設定が必要ですが、SIMカード付属の説明書にしたがって操作するだけですので、設定自体は簡単です。

今回紹介する2つのSIMカードの詳しい設定方法は後述(別の記事で詳しく紹介)しますので、ご安心ください。

ハワイで使えるSIMカードのメリット・デメリット、ポケットWiFiとの比較

海外、ハワイで使用するSIMカードのメリット、デメリット、海外ポケットWiFiと海外パケ放題との比較について、以下の記事でくわしくまとめていますので、気になる方はぜひあわせてご覧ください。

ポケットWiFiとSIMカード利用、どっちにするか迷ってる!といった方にもおすすめな内容になっています。

海外でSIMカードを使うのはお得なの?海外パケ放題・ポケットWiFiとの比較海外でSIMカード利用はお得なの?海外ポケットWiFi・パケ放題との比較

これを使えば間違いない!Amazonで購入できるおすすめハワイSIMカード2選

私が実際にハワイ旅行で使用してみて使い勝手がよくおすすめできるSIMカードを2つご紹介します。

2017年12月のハワイ旅行(オアフ島)で②を利用、2018年12月のハワイ旅行(オアフ島)で①②を両方利用しました。

①4G LTEが1〜6GB使えて格安の「Lycamobile SIM」

現地でそこそこスマホが使えて、とにかく安い方がいい!という方におすすめなSIMカード。

 

1GB、4GB、6GBのラインナップがあり、

5日間の旅行なら4GBで1日あたり800MB、7日間の旅行なら6GBで1日あたり850MB、

といった具合に自分のスマホ使い具合によってSIMカードのデータ通信容量を選ぶことができます。

4GBなら2,295円、6GBでも2,990円と大変リーズナブルな料金設定です。(価格は2018年12月時点)

 

移動中などに動画を頻繁に見たり、SNSを頻繁にしたりしなければ、1日1GBも使わないので、1週間以内の旅行であれば、このSIMカードが最適な選択肢となるでしょう。

 

主なスペック、機能は以下のとおりです。

主なスペック・機能(Amazon商品ページより抜粋)

  • アメリカ・ハワイでご利用いただけるSIMカードです。
  • ご購入頂くだけで30日間ご利用可能です。
  • LTE通信容量:4GB(以降低速で無制限)
  • アメリカ国内通話:無料/テキスト(SMS):無料/日本宛固定電話通話:無料/
  • 日本・米国に店舗にて日本語サポートを行っておりますので安心です。
  • アクティベーションも独自の日本語マニュアルを同封させて頂いておりますので初めての方でもご利用できます。※SIMを装着して電源を入れなおしてもアクティベーションされない場合は”622″にダイヤルしていただきzipコード(滞在先郵便番号)を入力していただく場合もございます。
  • また、アメリカ、日本を始め中国、UK他50カ国へ固定電話かけ放題となっておりますのでビジネスにも最適です。

SIMカードの利用可能端末の種類について、Amazonの商品ページに記載されているので、ご自分の端末が利用可能かご確認ください。

「Lycamobile SIM」の設定方法・使い方

こちらの記事にまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

【Lycamobile】アメリカ・ハワイでおすすめライカモバイルSIMの使い方・設定・アクティベーション方法について

「Lycamobile SIM」のAmazon商品ページ

②4G LTEデータ通信無制限使い放題の「MOST SIM」

移動中などに動画を頻繁に見るかもしれないし、SNSも頻繁に閲覧投稿するかもしれないし、

とにかくデータ通信容量は余裕があった方が安心!といった方におすすめなSIMカード。

なんせ、こちらのSIMはデータ通信容量がLTE使い放題です。(あまりにも使いすぎると常識的にはおそらく通信制限かかると思うのでご注意を)

 

5日間の旅行なら5日間使い放題のSIMカード2,690円を、7日間の旅行なら7日間使い放題のSIMカード3,150円を、といった具合に自分の旅行期間に合わせてお選びください。(価格は2018年12月時点)

 

また長期の1ヶ月プランでも5,990円(1日あたり200円!)とかなりリーズナブルな料金設定。

最大120日間まで幅広く用途にあわせたSIMカードが用意されていますので、長期旅行にも最適なSIMカードです。

 

主なスペック、機能は以下のとおりです。

主なスペック・機能(Amazon商品ページより抜粋)

  • アメリカ全土、ハワイを含んだ主要都市に強いネットワーク通信あり(アラスカ、グアムは対象外)
  • 7日間アメリカ国内通話(携帯+市内電話)発/着信し放題
  • 日本からの電話も含む(国際通話発信は不可)
  • アメリカ国内でSMS送受信し放題(国際SMS不可)
  • 高速(3G/4G LTE)データ通信使い放題、デザリング可(子機速度は3G)
  • SIMカードには有効期限がございます、カード購入後90日以内にアクティベーションを行ってください。
  • ご注意:アメリカは非常に広いため、ご購入前に必ずご利用地域のネットワーク状況をご確認ください。
  • 使用可能な端末
    simフリースマートフォン (タブレット‧WIFIルーターなど不可)
    4G LTE B2&B4 対応(必須) *B12にも対応している場合、電波受信が更に良くなります

SIMカードの利用可能端末の種類について、Amazonの商品ページに記載されているので、ご自分の端末が利用可能かご確認ください。

「MOST SIM」の設定方法・使い方

こちらの記事にまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

MOST SIM【MOST SIM】アメリカ・ハワイでおすすめSIMカードの使い方・評判・アクティベーション方法について

「MOST SIM」のAmazon商品ページ

おまけ:使ったことないけど良さそう「サクっとSIM for iPhone」

実際に使ったことがないのと、Amazonの口コミも0件(2018年12月時点)なので、「おまけ」として紹介しますが、

なかなか良さそうだったので今度機会あれば使ってみたいSIMカードです。

「for iPhone」と記載があるのでiPhone専用っぽいところはご注意ください。スペック欄ではiPhone以外のスマホもいけそうですが、iPhone以外の動作保証はしていないとのことです。

 

5日間LTE無制限で2,690円、7日間でも3,190円と「MOST SIM」と比べても割安具合に遜色ありません。5日間から最大30日間まで商品ラインナップあり。(価格は2018年12月時点)

 

iPhoneのiOS9以降ならSIMカードの入れ替えだけで設定不要で使える、商品説明ではLycamobileよりも電波が良いらしい、など嬉しいメリットがあります。

実際に使ってみた人のAmazon口コミレビューが最低限でてきたら使ってみてもいいかもしれませんね。

 

主なスペック、機能は以下のとおりです。

主なスペック・機能(Amazon商品ページより抜粋)

  • アメリカ国内でLTE無制限+テザリング(3G)+北米通話かけ放題(アメリカ/カナダ/メキシコ間)+SMS無制限(アメリカ/カナダ/メキシコ間)が利用できる※カナダ/メキシコではLTE/テザリングは5GB迄
  • ご利用可能端末:SIMフリーかつLTE Band 2/4/12全てに対応した端末。推奨端末:SIMフリーのiPhone6s以降のシリーズ※スマートフォンは精密機器になります。お客様自身でご用意された端末への動作保証はおこなっておりませんのでご了承下さい。
  • アメリカにて日本語サポート。商品もガイドも全て日本語となっておりますので安心してご利用頂けます。
  • SIMフリーかつiOS9以降のiPhoneなら設定不要でSIMカードの入れ替えだけで使える。iOS9以降以外のスマホはサイトに必要情報を入力して頂き開始日時指定(当日開通は不可)をしてアクティベーションしお電話番号等をメールにてお渡しします。※通信が上手くいかない場合は設定が必要な場合もございます。
  • SIMサイズは3-in-1で標準/Micro/Nano取り外して全てのサイズでご利用可能です。

「サクッとSIM」のAmazon商品ページ

ハワイSIMカードの選び方

さて、ここまでおすすめのSIMカードを紹介してきましたが、自分に合ったSIMカードがどちらかまだわからない・・といった方に向けて、SIMカードの選び方を紹介したいと思います。

一番重要!データ通信容量

海外で使うSIMカードの選ぶ際に一番重要なのはデータ通信容量です。

これは普段自分が日本で1日どれくらいデータ通信容量を使っているかがわかれば、それをベースに考えるとよいでしょう。

 

私個人の感覚と経験値では、朝から晩までSNSを閲覧や投稿したりせず、動画の閲覧を最低限にしておき、ハワイ旅行中であれば、ネット検索、GoogleMap、LINE、メール送受信、あたりを終日頻繁にしていたとしても、

1日500MB前後、多くても1日1GB以内が目安かなと思います。ハワイのホテルにはほぼWiFiがついていますし。

日本で1日1GB使ってたら1ヶ月で30GBも必要ですから。そこまでスマホを多用する人は少ないのでは。

 

データ通信容量を使い切ってしまうのが心配な方は、LTE使い放題の「MOST SIM」を選ぶとよいでしょう。

 

自分が普段どれくらい使っているかわからない方は以下の1GBで利用可能な用途の表をご参考に。(表はY!mobileさんのページを参考にさせて頂きました)

利用用途 1GBの利用可能目安
メール送受信(約500KB/1通) 約2,090通
ニュースサイトの閲覧(約300KB/1ページ) 約3,490ページ
ネット動画の視聴(約4MB/1分※中画質) 約4.5時間
音楽のダウンロード(約4MB/1曲※約4分間の楽曲) 約250曲

何日間使うか確認

「Lycamobile SIM」の方は30日間使えるSIMカードですので、30日間以内の旅行であれば気にせず使えます。

「MOST SIM」の方を選ぶ際は、5日間、7日間、など旅行期間に合わせたプランを選ばないといけないのでご注意ください。

渡航先の通信速度の安定感をAmazon口コミレビューで確認

今回ご紹介した2つのSIMカードは、ハワイだけでなくアメリカ本土でも使用できます。

アメリカ本土も広いので、SIMカードが渡航先のエリアで使えるかを確認しておくのが安心です。

またハワイの中でも、ホノルルがあるオアフ島は問題なく使用ができることを私が確認してますが、オアフ島以外のハワイ島など他の島に行かれる方は事前にチェックしておきたいところです。

チェック方法は、

・Amazon商品ページに利用可能なエリアが掲載されているのをチェックする

・Amazon商品ページの口コミレビューで渡航先エリアで使えるか口コミしている人がいないかチェックする

このあたりが簡単にチェックできる方法です。

ハワイSIMカードの注意点

SIMフリーのスマホじゃないと使えません

何度も繰り返しになりますが、SIMカードの入れ替えはSIMフリーのスマホでないとできません。

自分のスマホが対象機種かどうか確認すること

iPhoneは今回紹介した2つのSIMカード両方問題なく使えますが、Android機種の中には動作保証がされていない機種もあるので、ご自身のスマホがSIMカードの対象機種かどうか確認してから購入しましょう。

スマホに合ったSIMカードのサイズを選ぶこと

SIMカードの種類・サイズは以下の3種類あります。

・標準SIMカード(mini SIMカード)
・micro SIMカード
・nano SIMカード

今回紹介した2つのSIMカードは、3種類のサイズ全部用意があるので、ご自身のスマホに合ったSIMカードサイズを選んで購入しましょう。

SIMカードのサイズの確認方法は、使っているスマホの機種のメーカーwebサイトに掲載されているはずですので、わからない方はチェックしてみましょう。

用途別のおすすめハワイSIMカードはこれ!

そこそこネット通信できて、とにかく安い方がいい人におすすめなハワイSIMカード

「Lycamobile SIM」4GB、6GBがおすすめです。

動画やSNSたくさん使うかもデータ容量が心配な人におすすめなハワイSIMカード

LTE無制限使い放題の「MOST SIM」がおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

ハワイ、アメリカ旅行で使えるSIMカードをお探しの方に有益な情報となれば幸いです。

ハワイ、アメリカ旅行をする際は必須のESTA(エスタ)申請も忘れずに!

【ESTAを自分で申請してみた】エスタ申請方法・確認・料金・有効期限・グループ申請についてまとめました。

 

以上、「【アメリカ・ハワイSIMカード】厳選おすすめ2選!これを使えば間違いない!Amazonで購入できます」でした!

それではまた。